マイナンバーの仕組みや意義などを説明します

マイナンバー 特集

マイナンバーという言葉はずいぶん浸透してきましたが、実際にはどういったものなのかイメージしづらいという方も多いことでしょう。マイナンバーは個人番号と呼ばれ、国民一人一人に一つずつ付された番号のことを言います。赤ちゃんでもお年寄りでも一人が一つの番号を持っています。

一度付された番号は基本的には一生そのままです。すでに市町村から番号の通知が行われています。自分の番号の通知を受け取っていないという場合は、住民票のある市町村に問い合わせをしてみましょう。

なぜこうした番号を付ける必要があったのかというと、行政手続きの確認のしやすさということが挙げられるでしょう。これまでは各機関で情報をそれぞれ持っていました。横のつながりが全くなく、情報の連携ができない状態ではいけないという事で、一つの番号で情報を共有できるようにしたのです。

特に社会保険と税の分野での連携ということが期待されています。また、一人が一つの番号で情報管理ができることによって、年金記録の照合の問題など、確認がしやすくなるというメリットもあります。

現在マイナンバーを提出する必要がある場合としては、税金の申告の場面や会社での手続きの場面などが挙げられます。金融機関などでも記載を求められることがあります。

自分の情報管理のための番号ですから、流出ということになると後々問題が生じてくるかもしれません。そうならないよう、マイナンバーを記載する場合には、それが本当に必要な場面かどうかを判断するようにしましょう。

スポンサーリンク

マイナンバー制度によって副業が会社にバレる?

マイナンバーのことは、あくまで間接的なことです。

問題は今のところで契約社員⇒正社員になるとのことなので
「副業がOKなのかどうか?」
にあります。

「副業禁止規定」があるのかどうか?確認しておいた方が良いですよ!
ということです。

意外に副業を禁止している会社って多いですからね。
僕が最初に勤めた会社でも、バブルの頃にいろいろな
サイドビジネスに嵌った社員が多くなり、副業禁止が設けられたような記憶があります。

今、副業禁止の会社でサラリーマンをしながらサイドビジネスをしている人達は
戦々恐々としているようです。
その人達を恐怖に叩き込んでいるのが「マイナンバー制度」によって
副業が会社にバレるというものですが、、、

ところがマイナンバーは直接的には関係がありません。

マイナンバーによって「こいつ収入を申告していない!」となるのは税務署であって
それだけでは副業をしていることが会社には分からないからです。
(税務署が会社に問い合わせるようなシステムが今後出来れば話は別ですが)

会社に副業がバレる99%の経路は「市民税」の支払いに関してだそうです。
市民税を給料から天引きするように市役所から特別徴収の旨が会社に行くそうですが、
その際に会社にバレるのだそうです。

これを防ぐ方法は、確定申告の際に
「市民税を自分で納付する」欄にチェックをすると、会社に天引き(特別徴収)が行かないそうで、
あくまで現状ではですが、これで99%、副業が会社にバレないそうです。
(※関係ないかもしれませんが副業を「雑所得」で申告すること。事業所得にするとバレるらしい)

今の派遣会社では、市民税は自分で支払っていると聞きましたが
つまりはその方法が「副業が会社にバレない」方法のようです。

尤も、アメリカではダブルジョブ、トリプルジョブが当たり前だと聞きますので
その薫陶を受けているような竹中平蔵氏のパソナなど派遣会社が、まさか副業禁止ということは無いと思いますのが、
とはいえ派遣先の会社が副業禁止を言うところもあるでしょうから、
「我関せず」の態度を示すために、市民税は自分で、、、なのかもしれません(ただの推測)。

ですので、これから契約社員、正社員へとなるにあたって

・会社が副業を認めている⇒問題なし

・会社が副業禁止なら⇒問題あり
(副業を辞めるか、もしくはリスクを犯して副業収入を隠す手段を考える)

ということになりますね。

副業とマイナンバーの関係をまとめると

・副業が会社にバレるとまずいので、申告していない人
⇒マイナンバーで副業収入があることがバレることになるだろう

・副業が会社にバレるケースは
⇒住民税の特別徴収が会社に来た場合
⇒(当たり前ですが年末調整の時に副業の源泉徴収を会社に出した場合w)

・副業がバレないようにするには
⇒副業収入の確定申告時に「住民税は自分で納付する」と届ける

ということだそうです。
「住民税は自分で納付する」とした場合には99%は大丈夫、
残りの1%は、市役所のアルバイトが税務署から来た書類を間違って仕分けてしまい
会社へ住民税の特別徴収が行ってしまうそうです。

ここからは僕の予想ですが、
マイナンバーが始まると、たぶん副業は会社に伝わるのかな、と。
会社という羊飼いを使役して、サラリーマンという羊たちからキッチリと搾り取るのが
我が国の優秀なシステムでもあるのですが、
マイナンバー制度と法人税減税の裏には、羊たちからもっとキッチリ取れるシステム再構築の
進行があるのではないか、と陰謀論大好きな僕は思うのでありますww

タイトルとURLをコピーしました