1. TOP
  2. 国内旅行
  3. 幼い子を連れた那須高原への家族旅行で思い知った自分たちの無計画さ・・・

幼い子を連れた那須高原への家族旅行で思い知った自分たちの無計画さ・・・

 2017/06/29 国内旅行 この記事は約 3 分で読めます。 578 Views
泣く子

40代の子持ちの主婦です。「酷い目にあった旅行」ありますね。5年以上前の話なのに今でも覚えています。

あれは…長女がまだ2歳の頃、普段は我慢強いお利口さんの娘だったので、調子に乗って祖父母と一緒に那須高原に遊びに行きました。

その時は東京に住んでいたので、東京から車で那須高原に向かいました。

それがまず大失敗!

渋滞や事故などで目的地にスムーズに行けず、車中は親子喧嘩が絶えませんでした。娘にとっては、殺伐とした雰囲気の狭い空間で数時間はまさに地獄…。でも、我慢強い娘は泣くこともせず耐えていたのです。

本当は行きたかったホテルがあったのですが、そこは予約でいっぱい…。宿泊できたのは、壁が薄い木造のペンションでした。隣の宿泊者の声が丸聞こえなのです。

でも、どうしても両親が行きたかったホテルの温泉だけは入りたいと言うので、温泉だけ入りにホテルに足を運んだのですが…。

その温泉は温度が高く、2歳の娘にとっては、熱くてしょうがなかったのです。

足を温泉に入れたとたん、大泣きです。今までの移動でストレスが溜まっていたせいか、温泉施設が泣き声で響きわたるほどの声の音量でした。他にも数名お客さんがみえてましたが、すぐに出ていかれましたね。抱っこして落ち着かせること1時間、温泉に入ったはずなのに私は汗びっしょりです。

さあ、気を取り直して、ペンションに戻り夕飯です。そこのペンションは部屋食ではなかった為、食堂で他の宿泊者と一緒に夕食を済ませました。味はまあまあでしたが、印象に残ってないぐらいの料理でした。

もう、なんだかここまでくるのにクタクタで…。部屋に入っておやすみしようと思ったら、今度は娘が久し振りの夜泣きです。

この夜泣きが半端ない!壁が揺れるのではないかと思うほどの大泣きで、あやしても泣き止まないのです。これには参りました!

両親もあんなに穏やかな孫が、こんなに激しく泣くなんて信じられない!と大声を出し、交替で夜中あやしてましたが、皆いつの間にか睡魔に襲われていました。

そして、次の朝…。

私達は、一緒に朝食を食べる宿泊者の顔を見ることができませんでした。あんなに薄い壁で話し声が丸聞こえのペンションですよ!あの激しい夜泣きが聞こえないわけがありません。おそらく、そこの宿泊者は寝れなかったことでしょう。

早く、このペンションから出たい…。この気持ちは家族皆一緒でした。

そして、またまた気を取り直して、今日は「牧場に行こう!」ということになりました。

しかし、牧場に着いたとたん、大粒の雨が降ってくるではありませんか。

「いったい、何でこんなにハプニングだらけなの~!」と散々な旅行を後悔していた私です。しかし、この旅…。計画性がない証ともいえます。

自分の言葉で自己主張ができない2歳の娘のことも考えず、人気のあるホテルの予約も間に合わない、移動だけで何時間かかっているか…。

何より巻き込まれた宿泊者の方に申し訳ない。

この教訓を生かし、長男の時は無理な旅行計画はしませんでした。成長を待ってからの旅行、これ大事なことです!

関東地方にお住まいの40代のママさんからいただいた、2歳のお子さんを連れての那須高原への旅行でのエピソードでした。

\ SNSでシェアしよう! /

そらeうみの注目記事を受け取ろう

泣く子

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

そらeうみの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 北陸を気ままに一人旅~金沢の城下町、五箇山合掌造り集落、立山黒部アルペンルート、温泉、グルメ~

  • 京都へ観光や出張で訪れたらぜひ食べてみたいオススメ郷土料理、名物料理

  • 家族旅行で泊まった過去最低のひどい宿~黙っていても客が来る某有名海水浴場周辺はだいたいク○宿との噂

  • 海も山もすてきな四国の一人旅を楽しむならオススメの観光スポットはココです

  • 五百円玉貯金が十万円貯まって家族で楽しい長野旅行へ!ところが・・・

  • 不幸の女神がほほ笑む最悪な旅行体験記~伊豆・熱川温泉への1泊2日の旅