年末調整とは

年末調整 特集

年末調整とは、毎年12月に企業等で行われる従業員の正確な税額を算出するための事務手続きです。毎年1月~12月の1年間を所得税を算出する期間として定めています。

月々の給与から1年間の総収入を想定して、所得税額を12ヶ月分で均等に割り、それぞれの給与から源泉所得税として天引きし、企業側で預かり、規定の日に金融機関を通じて地域の税務署に納めます。

ちなみに、賞与の所得税の計算方法は、賞与をもらう前月の給与から社会保険料を差し引いた金額に、算出率の早見表から合致する税率をかけて税額を出します。

賞与の所得税も同様の手続きで税務署に納付されます。

ただし、従業員の源泉所得税は概算の税額でしかありません。従業員個々に、配偶者の有無、扶養者の人数、民間の保険会社に支払った保険料等で、年収から控除される金額が発生します。

企業が預かった源泉所得税には、項目ごとの控除額が設定されていないため、正しく計算をし、給与が支払われる最終月である12月に調整する必要があるのです。この一連の調整手続きのことを年末調整と言います。

企業側では従業員に対し、年末にかけて給与所得者の扶養控除等(異動)申告書を提出させます。扶養者や保険料等、控除額に関わる情報や金額を記載してもらい、給与計算の担当者が正確な税額を出します。

払い過ぎた所得税は、預かった中から12月の給与と一緒に返金し、足りなかった場合は、給与の中から多く差し引く形になります。個人事業主が翌年の2月15日頃~3月15日頃に行う確定申告とほぼ似ているため、年末調整はサラリーマンの確定申告とも呼ばれています。

タイトルとURLをコピーしました