日曜大工に必要な工具についての説明

日曜大工 ライフスタイル

日曜大工を始めようと思ってはみたものの
一体道具は何を揃えて良いのかわからないという人も多いと思います。

実際に作るものによって必要な時に購入をしていたのでは間に合いませんし効率が悪くなってしまいます。

ここでは、完全ではないものの日曜大工をやるなら最低限揃えておきたい工具を説明していきます。

スポンサーリンク

・メジャーとさしがね

メジャーは安い価格のものでも活用はできますが、
できれば建築用などに用いられるタイプの物を用意すると作業の効率がとてもよくなります。
実際に幅などを測る時にも通常の物とは大きく違うのでできれば購入しておくと良いです。

さしがねというのは、平行線などを引きたい時に重宝するもので、L字型になっていて一見利用しにくいように見えますが、
日曜大工を行う工具の中でも使用度がかなり高く代用品がないものだといえます。

・ノコギリとカッター

ノコギリはもはや説明が必要ないかもしれませんが、
日曜大工と言えばノコギリというくらい存在価値の高い工具です。

両刃ノコギリが理想的なものではありますが、女性や初心者の場合は、
万能タイプで刃渡りが短めの物を選択すると使用しやすいので自身の水準に合わせて選択する事が必要になります。

カッターは、使う場面も多いので使いやすい事を重視して購入する事をお奨めします。

・カナヅチとタッカー

カナヅチは釘を打ちつける道具になります。
初心者でも利用場所が多くなる工具のひとつですが、重さや大きさは自分にあった物を選択する事が重要ですし、
できればくぎ抜きがあるものを選ぶと利用しやすくなります。

タッカーは、ベニヤ板の固定などを行う時に使うステイプラーの大型版のようなものですが、
なくても作業は可能になりますが、あるととても便利なのでゆとりがあれば揃えておきたい工具のひとつです。

・水平器と電動ドライバー

水平器は文字通り水平を測る工具になりますが、基本的にはなくてもこまりませんが、
一度利用してしまうと手放せない道具になります。

電動ドライバーは、穴あけやビス止めができる工具ですが、手動の物でも作業は可能になりますが、
効率や正確性を追求するのであれば、かかせない道具のひとつだといえます。

タイトルとURLをコピーしました