お盆について説明しています

お盆 イベント・レジャー

お盆は、毎年夏頃に行われる祖先を供養する行事のことです。そもそもは、お釈迦様の弟子であった目連尊者の母を供養し餓鬼道から救ったという説話から生まれた盂蘭盆会という行事が元になっています。日本に仏教が伝来し、根付いていく中で、盂蘭盆会がお盆へと変化したのです。

かつては旧暦の7月15日前後に行われていたのですが、明治になり暦が太陰暦から太陽暦に改まったことで、太陰暦の7月15日頃に当てはまる太陽暦の8月下旬と新暦から1ヶ月ずらした8月15日頃にも行われるようになりました。

7月に行う場合を新暦に沿って行われるということで新盆、8月下旬に行う場合を旧暦に沿って行われるということで旧盆、そして新暦から1ヶ月遅れに行う場合を月遅れの盆と呼ぶことが多いです。

では、お盆の作法について見ていくと、大事な儀式として送り火と迎え火があります。迎え火は先祖の霊が帰ってくるので、迷わないように目印として火を焚くこと、送り火は逆にあの世に先祖の霊が帰っていくのを見送るために行われます。

迎え火をする時期は、新盆、旧盆、月遅れの盆の2日前の夕方までに先祖の霊を出迎えるための精霊棚や仏壇の飾り付け、お供えを済ませお墓参りをします。その時に線香に火をつけると同時に蝋燭にも火をつけて、消えないように提灯などに入れて家に戻ります。

それから持ち帰った火を使い、焙烙という素焼きの陶器皿でおがらという皮を剥いだ麻の茎を燃やすか、松明に火をつけて迎え火とします。

そして送り火は、お盆の最終日の夕方に、同じように焙烙でおがらや松明を燃やすことになります。先祖の霊を出迎えるためのする飾り付けでは、キュウリやなすに割り箸を突き刺して、精霊馬、精霊牛と呼ばれるの置物をつくりますが、送り火をするときにはその精霊馬、精霊牛や仏壇前に吊るす白提灯も燃やしてしまう場合があります。

スポンサーリンク

お盆の食べ物

今日ということでは、食べ物も重要なことがらです。どのような料理を出すのかは、地域ごとに異なりますが一般的に精進料理を作る事が多いです。

それからお盆というと、そうめんを食べることが定番ですが、それは夏にはそうめんがつきものだからというわけではなく、そうめんならではの意味があります。それは先祖の霊があの世に戻るときに紐として使う、白くて細長い姿に幸せが細く長く続くようにという祈りを込めている、昔はそうめんを食べると熱病にかからないと信じられていた、といったものです。他にもいくるか説がありますが、いずれも縁起の良いことや先祖の霊を供養するため、という話ばかりです。

同じようにおはぎを食べる風習がある土地が多いですが、それは小豆の赤には魔除けの力があると信じられていることと、秋の収穫を前にして五穀豊穣の祈願として餅を食べることが組み合わさって、おはぎを食べるのです。

なお、お盆は仏教の行事ではありますが、神道でも先祖の霊を迎える新御霊祭りという、ほとんど同じような行事を行います。

新盆

新盆とは故人の死後、四十九日を過ぎてから初めて迎えるお盆のことです。初盆とも言われてもいます。 お盆は故人や先祖の霊を祀る儀式で、一般的には故人や先祖の霊が帰ってくるとされています。お迎えするにあたり各地域や宗派に従った準備を行いますが、新盆では僧侶をよんで法要をし、通常のお盆よりも手厚く供養します。

先述した通り、四十九日後に迎えるお盆のことを言うため忌明け前にお盆を迎えると、翌年のお盆が新盆になります。新盆の時期は地域によって異なり、例えば東京では7月の新のお盆、その他の地域は8月の旧のお盆に行うことが多いようです。

地域別に迎え方が異なるで一概に同じ準備をする必要はありませんが、精霊棚、精霊馬、盆提灯は基本として用意するものであり、その他にお団子などのお供え物も必要です。 手順としては、7月または8月の13日に迎え火をして霊を迎え入れます。

午前中は精霊棚などの準備をして、仏壇から位牌を精霊棚に移したら仏壇の扉は締めておきます。日中にお墓参りをして、夕方に松の割り木や麻幹で迎え火を焚いて、盆提灯を灯します。 14日~15日に家族や親族が揃ってお墓参りをします。同時に僧侶を招いて法要を行い、法要の後は会食を行うのが一般的です。

16日に送り火をして霊をあの世へ送ります。送り火は夕方に行うので、それまでお供え物をしたりお祈りをしたりしましょう。

供養の法要のため僧侶を呼ぶ方は早めに連絡を取って予約を入れておかなくてはいけません。また、親族にも事前に予定を入れておいてもらう必要があります。 僧侶にお願いする場合はお布施が必要ですし、会食をするならお店の手配等も事前にしましょう。会食の予約は法要の席であることを伝えておくことも大切です。

さて、新盆にはやらなくてはいけないことがたくさんありますが、最近では簡単に済ませてしまう家庭も少なくはありません。また、僧侶の都合などにより日にちをずらすこともあるので、状況や故人の立場に合わせて行うと良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました