お中元はいつからいつまでに贈るのが正解?

お中元 イベント・レジャー

お中元はいつからいつまでに贈るのが正解なのでしょうか。これは、一応はその由来から考えてみます。お中元とは元々中国の道教に由来するもので、旧暦で7月15日に行われていた行事が元になっています。

あくまでこれは旧暦ですので、現代の暦とは約1か月間のずれがあります。このことが主な理由となって、旧暦の日付を現代の暦に置き換えて考える人と、日付そのものを重視して旧暦そのままの日付で現代も運用しようとする人とがいることが問題を複雑にしています。

より具体的にいうと、主に関東圏では、お中元は7月上旬から7月15日までに贈るものとされています。一方で、関西圏ではいつからというのはあまり変わらず7月上旬からなのですが、いつまでかと言えば8月15日までに贈るものと考える人が多いようです。

しかし、最近では関東と関西との違いもさほどはっきりとはしなくなってきています。贈る相手に混乱を与えたりしないためには、贈り物はどうせ贈るのなら遅れるよりは早いほうがよいと考えるのは自然なことでしょう。そのため、今では全国どこでも7月上旬から7月15日までに贈られることが多くなってきています。迷ったら、この基準で考えておけばよいでしょう。

スポンサーリンク

お中元の時期は関東や関西の地方によって違う?

日頃の感謝の気持ちを込めて、お盆の時期にお世話になった人に贈るお中元は、大切な年中行事のひとつです。しかし、日本全国で同じように行われていると思っていると、引越したときなどに戸惑うかもしれません。

違いは関東と関西にあり、贈る時期が関東では7月の初めから中旬頃で、関西では7月の中旬から8月の中旬です。

おおよそ半月から1ヶ月くらいの違いであれば、そう大きな違いと思わぬ人もいるかもしれませんが、相手に時期外れと思われてしまうのは避けたいところです。なぜこのような違いが生まれたのかというと、関東では明治以降に普及した新暦を基準としており、関西では旧暦を基準に年中行事が行われています。

異なる暦を基準にしているのは、新暦は遷都された東京から発信されたものなので地方や離れた関西ではあまり普及しなかった、お盆やお祭りの時期を旧暦に合わせて行っていたので、わざわざ新暦にずらすことが難しかったという説があります。

とはいえ、今では新暦が日常の基準となっているので、関西でも早めにお中元を贈る人が増えているので、地域による違いは徐々に埋まりつつあると言って良いでしょう。

それでも時期を気にするのであれば、時期が重なる7月の中旬に発送するよう手配をすれば無難です。

お中元は誰に贈るものなの?

夏になるとデパートなどのお中元商戦が始まります。これはもともと古代中国から伝わったものですが、それが日本の独自の風習として広まりました。仏様へのお供え物を親類や隣近所にお下がりとして送るようになっていったのです。

しかしながら、現代では隣近所や親類・両親以外にも仕事や生活を送る上でのさまざまなつながりが出てきました。日頃お世話になっている方・感謝の気持ちを表したい方というのが贈る相手のため、その中の誰に送ることもできます。

ただ、すべての人に送っていては大変でしょうから、その中で厳選して無理のないようにしてください。最近では虚礼廃止の風習も広まっており、会社のルールとして職場の上司などに贈ることが禁止されていることもあるので、事前に確認しておいた方がよいでしょう。

お中元を贈った場合にはお歳暮も贈るのがマナーとなっていますが、両方行なうのが難しいという場合には1年の締めくくりの時期に贈るお歳暮の方が優先されることになります。お中元は大げさすぎるという相手には「御礼」「感謝」「こころばかり」といった熨斗をつけて贈るのもよいでしょう。

せっかく贈るのであれば、贈る時期や予算なども考えて、失礼のないようにしてください。

お中元の相場はいくらくらい?

お中元に限らず贈り物をするときに悩むのが一体どれぐらいの金額のものを贈れば相手に対して失礼にならずに喜んでもらえるかという事です。あまり安っぽいものは失礼になってしまいますし、逆に高すぎると相手に気を使わせてしまい贈り物の贈りあいっこになってしまうなんてことにもなりかねません。

では、こういったときの相場はいったいいくらぐらいでしょうか。

ただここで一つ頭に置いておいてほしいのはお中元は毎年贈り続けていくものだという事です。

あまり頑張って高額な贈り物をしてしまうと毎年贈るのが負担になってしまい数年でストップをせざるを得ないということになってしまいます。また、毎年金額が上下するのもあまりお勧めできません。

そこで目安としては親せきや知人、一般的にお付き合いしている方には3000円から4000円の間に収まる程度のもの、仲人や上司など深くお世話になっている人には5000円前後のものを、さらに特別お世話になっている人には5000円より少し高いものを相場として贈ると失礼がないでしょう。

ただ、あくまでこれらは相場であり本当に必要なのは相手に対する気持ちですので無理をしない範囲で贈れるものを選ぶようにしましょう。

お中元を渡す時に添えるひと言にはどのようなものがある?

お中元という伝統は、少しずつなくなってきてしまっていますが、それでもお世話になった方に改まってのご挨拶や感謝の気持ちを伝えるための大事なしきたりですよね。また、仲のいい友達に贈るプレゼント等とは違って、お中元は、目上の方にお贈りすることが多いはずですから、相手に良い印象をもってもらうためには、何を贈るかだけではなく、どうやってお渡しするかにまで気を配りたいものです。

そこで大切なのが、「お渡しする時に添えるひと言」です。基本は、相手を慮って、一歩へりくだった気持ちで言葉を選ぶとよいでしょう。

例えば「形ばかりのものですが」「お気に召すかわかりませんが」「心ばかりのものですが」「お口汚しですが(食べ物の場合)」「」といったひと言です。

自分を卑下した言葉をずらずらと並べたてるのも、先様にとっては気分のいいものではありませんが、ほんのひと言添えるだけで、十分こちらの気持ちは伝わるものです。そうした言葉にプラスして、さりげなくどうしてこの品を選んだかを伝えられれば、よりいっそう気持ちの伝わるものになるのではないでしょうか。

例えば「○○がお好きだとうかがったので」などというひと言です。また、お渡しする方だけに気を使わせないように「どうぞご家族様へ」「どうぞお子様方へ」などという言葉もいいですね。こうした言葉を効果的に使ってみてくださいね。

まとめ お中元の由来

陰暦の一月、七月、十月にある十五日を三元と呼び、この中の中元にあたる七月に誕生された慈悲神様のお祭りが日本に伝わって、供養物をお供えしたことがお中元の由来といわれていて、そのため、お中元を贈る時期は七月十五日あたりとなっています。

そして、江戸時代頃には一般的に贈り物をする習慣が広まったといいます。

地域によっては、お中元という呼び方はしないで、盆供や盆礼と呼んでお世話になった方々へ贈り物が届けられているようです。

現在では、七月の初旬から十五日頃までの時期に、日頃からお世話になっている方々へ贈り物を届けることが一般的となっていますので、マナーにも気を付けながら、お世話になっている方へお礼をされてはいかがでしょう。

タイトルとURLをコピーしました