1. TOP
  2. 国内旅行
  3. もらって困るお土産~もはや迷惑でしかない!?嫌われるお土産にはどんなものがある?

もらって困るお土産~もはや迷惑でしかない!?嫌われるお土産にはどんなものがある?

 2017/03/16 国内旅行 海外旅行 この記事は約 6 分で読めます。 3,111 Views
もらって困るお土産

海外旅行であれ、国内旅行であれ、どこかに旅行に行った時にはお土産を買って帰るという人はたくさんいるでしょう。

その旅行地を訪れたことを記念とする思い出の品として自分用に何かを買ったり、家族や友人、または職場の人たちに向けて何かを買っていくというケースもあるでしょう。自分向けではなく、誰かに何か買うとなると、何を買うべきか迷ってしまうことがあります。

せっかくお土産を買うのであれば、相手に喜んでもらえるものを渡したいものです。お土産選びは意外にも結構難しく、相手が喜んでくれそうだと思っていても、時として相手にとっては迷惑となってしまうものもあります。

もらって困るものを渡しても、相手は処分に困ったり、逆に何にももらわない方が良かった、迷惑だとまで思わせてしまうこともあります。そのため、もらって困るお土産とはどんなものがあるかみていきましょう。

相手の趣味に合わない置物、人形

まず、もらって困るものとして、相手の趣味に合わない置物があります。

やたら大きくて置き場所に困るものであったり、使い勝手が悪いものなどが挙げられます。

また、人形なども相手の趣味に合わない場合は、処分に困ることが多いため、もし人形を選ぶ場合には注意が必要です。

訪れた旅行地の名前が刻まれた置物や人形などは、実際にその場所を旅行した本人には良い思い出の品となるかもしれませんが、相手にとっては何の思い入れもなく、迷惑でしかないケースが多いため、よく考えて選ぶようにしましょう。

定番のキーホルダー

もらって困るお土産
また、キーホルダーなどは定番の一品ではありますが、子供はともかく、大人に渡すものとしては、場合によっては「いらないもの」となってしまうことがあります。

特に身の回りの小物にこだわりを持っている人は、キーケースやキーホルダーなど既にお気に入りのブランドのものを使っていることが考えられるため、旅行地で買ったご当地ものやキャラクターのキーホルダーを渡しても、あまり歓迎されない可能性があります。

食べ物にも注意すべきポイントが!

食べ物は一般的に喜ばれるお土産になりますが、これも内容により喜ばれたり、迷惑がられることがあります。

ちょっと高価なチョコレートや有名なスイーツなどは喜ばれるケースがたくさんあり、無難なチョイスだと言えます。ただし、外国物のお菓子は日本のものほど日本人が美味しいと感じるものが多くなく、甘すぎるチョコレートやクッキーなど、日本人の口に合わないものがあることも覚えておきましょう。

その他、着色料をふんだんに使われたカラフルすぎるお菓子や、得体の知れないもの、怪しい見た目のものは、敬遠する人が多いため、注意が必要です。

他にも、ゲテモノ系の食べ物であったり、ドリアンのような匂いがきついものも、好き嫌いが大きく分かれ、一般的にあまり喜ばれるものではありません。

このようなものを話題作りやシャレとして購入する人がいますが、相手のことを考えるのであれば、もう少し別のものを選んだ方が賢良いでしょう。

嗜好品には注意を払って

空港の免税店などでタバコやお酒などを購入する人もいますが、これらのものを購入するのであれば、相手がタバコを吸うのか、お酒を飲むのかについて事前に最低限のリサーチしてから渡す方が良いでしょう。

非喫煙者にタバコを渡したり、下戸の人にお酒を渡しても、相手はどうすることもできず、誰か他の人にあげるか、処分するしかなくなってしまいます。

コスメも人によっては迷惑がられるかも

もらって困るお土産
同じように、免税店で化粧品や香水を買ったり、現地で流行している化粧品店でシートマスクなどを購入して、友人などにばらまく人もいますが、海外の化粧品やスキンケア製品は日本のものと比べて成分が強かったり、日本人の肌には合わないものが使われていることがあります。

香水も香りの好みが人によって全く異なるため、「これを買ってきて」と具体的に指定されたもの以外は買わない方が賢明でしょう。

これらのものは、一見女性にとって喜ばれるものであると考えられがちですが、中には迷惑に感じる人がいるかもしれないということを肝に命じておきましょう。

敏感肌の人は自分の肌に合わないものを使うことで、肌荒れを起こしてしまったり、湿疹ができてしまうため、そもそもコスメ関係のものを渡しても、使われることなくタンスの肥やしとなってしまうことも考えられます。

肌につけるものに関しては、好みが大きく分かれ、自分で買ったもの以外は肌につけたくないというこだわり派も少なからずいるため、もしコスメ類を選ぶのであれば、慎重に選ぶようにしましょう。

実際にもらって困ったお土産BEST.3

これから紹介するお土産3品は、かつて私がもらって本当に困ったお土産です。ぜひお土産購入の参考にしてみてください。

もらって本当に困ったお土産BEST.1は親戚から海外旅行土産でもらった魔除けのお面。
魔除けになるからと気を使ってくたのは分かるのですが、不気味な顔つきのお面は見ているのが辛くなるほど怖く、家のどこに置いても雰囲気が悪かったです。魔除けという余計な情報がついていたので粗末に扱う訳にもいかず、当時は本当に迷惑しました。現在は実家の誰も居ない私の部屋にそっと置かれています。

BEST.2は親しい友人からもらった性的表現が半端ない人形。
くれた友人は洒落のつもりだったのでしょうが、もらった私には迷惑以外の何物でもありませんでした。部屋にあるだけで変態扱いされそうな人形は一度も部屋に置かれることもなく破棄されました。

BEST.3は親しい友人からもらった何に使って良いのか分らない、派手な図柄の丸い物。
「これ何」って思わず友人に聞いちゃいました。友人答えは「何だか分からいけど綺麗だったから」です。アルミ製の直径10cm程度の円形、薄っぺらで少し歪んでいる物。歪んでいるのでコースターにも使えず、大きさが中途半端なので飾ってみても見栄えせず、今ではどこにあるのか不明です。

まとめ 事前にリサーチするのがベスト

自分が良いと思ったものが必ずしも相手も喜ぶものではないため、考えれば考えるほどお土産選びは困難になってきます。

しかしながら、相手の好みを少しでも事前にリサーチしておくことで、どのようなものを選べば喜んでもらえるかのヒントを得ることができ、無駄に捨てられたり、迷惑に思われることを避けることができます。

自分がもらって本当に嬉しいもの、相手にとっても嬉しいものであるかよく考えてから、選ぶようにしましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

そらeうみの注目記事を受け取ろう

もらって困るお土産

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

そらeうみの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 花の都パリでスリ被害!これで私もパリジェンヌの仲間入り??

  • 観光や出張で北陸へ行ったらぜひ食べてみたい郷土料理、名物料理

  • ローマの“ほろ苦い”休日

  • 不幸の女神がほほ笑む最悪な旅行体験記~伊豆・熱川温泉への1泊2日の旅

  • ハワイのコンドミニアム~高層階のパーシャルオーシャンビューへアップグレードしてくれた♪

  • 神奈川県のパワースポットで仕事運、金運、恋愛運をアップさせるならココを巡りたい!