1. TOP
  2. 国内旅行
  3. 節約大阪旅行でのハプニング??

節約大阪旅行でのハプニング??

 2017/07/09 国内旅行 この記事は約 4 分で読めます。 470 Views
不気味な部屋

私は今現在埼玉県在住の31歳、
二児の子供をもつ専業主婦ですが、
今から8年前程の大阪、京都への旅行の時の
実体験です。

今の主人とまだ結婚していなかった時の話ですが、
私達は旅行が大好きで、付き合い始めから
色々な場所に足を運んでおりました。

北海道や仙台、新潟、栃木に群馬、
それぞれの場所を堪能して、楽しんでいて、そんな私達二人が次に決めた旅先は、
『大阪と京都』でした。

毎回色々な場所に行っていましたから、
それなりに出費もかさんでいました。
なので、今回は節約旅行にしようと、
旅の宿代を安く抑えて、京都や大阪の珍しいお料理を堪能したり、観光にお金を回そうと決め、色々なお安い宿を探しておりました。
すると、意外とコストパフォーマンスの良い宿が沢山あり、その中でも一人2,000円と言う格安宿を私が見つけ、一泊目の宿はそこに決めました。

二泊目の宿は、なかなか安い宿で気に入った
部屋が見付からず、一人10,000円程の京都の宿にしたのですが、一泊目の浮いたお金で
色々と楽しめそうだねと、楽しみにしていました。

そして旅行当日になり、
順調に大阪に着き、ショッピングをしたり、観光をしたり、美味しいグルメを食べたり、凄く楽しい時間でした。
夕方になり、宿に荷物を置いてから
夕飯に行きたいと思い、宿に向かいました。
そして格安宿に多少期待をしながら、
素泊まりプランの部屋に入った瞬間、
何だか変な寒気を感じました。

私と旦那(その当時は彼氏)は、
いわゆる霊感というものは全くない二人なんですが、そんな私達でも明らかにこの部屋は何かいるという気持ち悪い不気味な感覚になりました。

しかし、安い宿にはそういう裏事情も
あるのかと思いましたし、今から他の宿を
探す訳にもいきませんでしたから、私達は
諦め、この部屋に泊まる覚悟をしました。

一旦荷物を置いて夕飯を外で食べている
時間は幸せでしたが、『またあの宿に帰らなくては』と思った時に二人でガッカリしました。
宿に戻る時に、何だかシラフではあの部屋に泊まれないと私は感じて、お酒を沢山買い込み、その例の部屋でお酒を飲もうと思いました。
そして二人でお酒を飲んで、怖い気持ちも
少し緩和され、気分が良くなり、
調子にのってその部屋で記念写真を取り、
気付いたら次の日の朝になっていました。

恐怖心を取り除く為に二人で相当お酒を飲んだので、かなりの二日酔いで私達は宿を後にしました。

そして体調が優れない中、何とか京都を
満喫し、その夜の京都の宿が天国に
感じるぐらい落ち着き、満足させてくれました。

そして無事に帰ってくる事が出来ましたが、
後からあの宿で写真を撮った物を
現像したら、やはりオレンジ色のオーブ?
らしき物が写っていました。
しかも沢山写っていましたから、何だか
奇妙だと感じ、友人に話した所、
『あまり良くない写真だね』と言われたので、友人に教えてもらいながら、
その写真はお焚き上げをしました。

後から主人ともう一度話してみて、
気づいたんですが、あの部屋は昔病院だったのか、施設だったのかは分かりませんが、
そのような作りの部屋でしたから、
やはりあの写真は心霊現象だったのでは?
と、二人でゾッとしました。

大阪の旅行=楽しかった旅という
よりは、あの不気味な宿を思い出してしまう形となってしまいましたので、
旅の宿をケチリ、思い出が残念な形で残ってしまった私達は反省をし、
今では色々宿を詳しく調べてから、
予約をしています。

改めて旅行とはグルメ、宿、観光等々全て合わせて旅行だと感じ、
昔の教訓を生かして今では
『最大限に楽しめる旅を』を心掛けています。

\ SNSでシェアしよう! /

そらeうみの注目記事を受け取ろう

不気味な部屋

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

そらeうみの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 愛媛の山の奥深くにある露天風呂が売りの宿へカーナビ通りに従ったら手に汗握る危険な山道を走ることに!

  • 名古屋に旅行や出張で来たらぜひ食べて!地元民がおすすめするハズさない名古屋の名物料理

  • 春先の沖縄旅行は天候が荒れて大変でした~沖縄への2泊3日の新婚旅行での出来事

  • 春のみちのく一人旅♪桜前線北上と共に巡る東北旅行おすすめルートと厳選見どころスポット!

  • 京都へ観光や出張で訪れたらぜひ食べてみたいオススメ郷土料理、名物料理

  • 不意の台風襲来で飛行機が全便欠航して帰れなくなった【沖縄旅行のトラブル】