おせちの重箱選びとお手入れの方法

重箱 グルメ

おせち料理を入れるものは重箱と決まっていますよね。重箱に入っていないとおせちって気がしませんね。重箱は高級な漆塗りのものからプラスチック製のものといろいろとありますね。

料理は盛られている器などでも味が変わると言われるので、おせち料理を盛り付けるとき毎年見るのが楽しみになるような図柄のものを選ぶのが良いと思います。

スポンサーリンク

小ぶりのものを選ぶのがポイント

重箱は普通のお弁当箱と一緒で見た目より沢山入るものなので、比較的小ぶりのものを選ぶと良いでしょう。漆塗りなどの上質なものなどは孫の代まで受け継いだりして代々使っておけるので毎年作るような人であれば購入を考えても良いとおもいます。デザインなどもさまざまあるので、自分の好きなデザインのものを選ぶのも楽しいかとおもいます。料理は盛られている器などでも味が変わると言いますし、毎年見るのが楽しみになるような、そんな美しいデザインのものを選びたいですね。

また仕切りがついているものなどデザインだけでなく最近では機能的にも優れているものが沢山出ています。仕切りがあれば匂いや味が移ってしまう心配などもありませんし、盛り付けやすいのでオススメです。

また重箱と一緒に半月懐石盆や取り皿など、素敵なデザインのものを一緒に揃えておくと大活躍します。おせち料理を食べるときだけでなくお祝いの席などで使えますし、なかなかこういった機会がないと買うことがないかもしれませんから、重箱を購入する時に一緒に選ぶようにすると良いでしょう。重箱のデザインと合っているものだと使いやすいです。

重箱のお手入れ方法

また重箱のお手入れ方法としては、熱湯で洗うと変形してしまったり割れてしまう可能性などもあるので、ぬるま湯でやわらかい素材のタオルで洗いながら、乾拭きして和紙などに包んでしまっておきましょう。大事に使えばその分長持ちしますし、これは決して高い漆塗りの重箱でなくても全ての重箱を大切に使ってほしいとおもいます。

重箱の性格によっては取り扱い方法に違いがあります。漆塗りの重箱は取り扱いに注意が必要です。洗うときは基本的には洗剤は使わないで柔らかいスポンジでなでます。汚れが強いときは薄めた洗剤を使います。洗った後とは水分を充分拭きとって一晩乾かしてから柔らかい紙や布に包んで仕舞います。重箱選びにもう一つ組み入れるとしたら自分の性格でしょうね。わたしは粗雑な性格なので漆塗りの重箱は不向きなので合成樹脂製加工の重箱を使っています。

使用後のお手入れに神経を使う必要もないので。デパートやコンビニで売られているおせち料理はプラスチック製の重箱なので取り扱い方法に注意は要りません。場合によっては食べ終わったら捨ててしまっても良いのです。正月は面倒なことを極力少なくしたいというときには捨てられる重箱は最高です。

おせち料理の歴史はそれほど深くない?

現代のおせち料理にはさまざまなスタイルがあり値段もさまざまです。おせち料理を食べるからにはその歴史的背景や意味を理解しておくと料理もずっと美味しく感じられ、おせち料理を食べる本当の意味を理解して食事が楽しめるのではないでしょうか。

まずその歴史はそんなに深くありません。敷居が高いと思っている人も多いかもしれませんが、おせち料理そのものの意味を理解すればもっと気軽に自分のスタイルで楽しむことが十分に可能な料理です。幅広い年代の人に楽しんでもらいたいものですし、また新しいおせち料理のスタイルが日々生まれています。

おせち料理は市販のものですと、スーパーやコンビニで買える気軽なものから、デパートやホテルやレストランで買えるちょっと高価なもの、そして最近多く利用されているインターネットを通して売られている通販のものなどさまざまなスタイルがあります。自分の家の人数などに合わせてベストな商品を選ぶようにしましょう。本当に内容もさまざまで和洋折衷ありますし、選ぶのも楽しいのではないかとおもいます。

また手作りする場合は食材選びなどが難しいかもしれません。地域や家庭によって入れる具材はさまざまですし、具材に関しては特に決まりはありませんから、子供の好きなものなどを入れてしまって構わないとおもいます。ただ、入れると良いとされているものなどはありますので、最低限気になるものは入れるとそれらしくなります。子供たちにおせち料理の意味を教えるという意味でもとても良いとおもいます。

重箱などにも決まりがあり、それを知っておくとよりおせち料理を楽めるというのはあるとおもいます。作る場合は時間もかかり大変な面もありますが、世界に一つのおせち料理ができますし、家庭の味そのままを家族に楽しんでもらうことができます。他の家庭とは違った美味しいおせち料理を作るコツは素材選びにもあります。今では全国から新鮮な食材を取り寄せることもできますし、自分流お味付けで工夫して家族に特別な食事を楽しんでもらいましょう。

タイトルとURLをコピーしました