親子丼のおいしい作り方

親子丼 グルメ

親子丼はうまくやれば自宅でお店の味が再現できる料理です。

作り方を比較的シンプルで、初心者の人でもレシピ通りにやれば、それほどセンスを問われるようなこともありません。

それでいて子供から大人までたくさんの人に喜ばれるものですし、材料もそれほど多くなく、一度覚えればいつでも簡単に作ることができますので、大変おすすめのメニューです。

また内容にこだわりたいという人は、出汁の取り方や鶏肉のさばき方に工夫を施すこともできますので、オリジナリティを出すことも可能です。

近年は和食文化は大変注目されていて、親子丼がその代表的なレシピの中に入っていますので、美味しく作ることができれば高評価につながります。

スポンサーリンク

自宅でつくる親子丼の簡単レシピ

また親子丼を作っていく中での過程で、他の料理にも応用ができるところがありますので、一度覚えていたら他にチャレンジする時にも役に立ちます。

例えばとじた卵を注ぐタイミングなどは、カツ丼や、すき焼きの丼ものを作るときにも応用できますし、出汁の作り方も基本的にはほぼ同じです。

材料さえ整えば時間も早くて10分から15分ほどで作り上げることができます。

忙しい社会人の人でも家に帰って簡単に作ることが出来ますし、カロリーを気にする人はそのまま白ご飯を省いてしまえば、おつまみのような一品として提供することもできます。

日持ちもそこそこ良いので、タッパーやジップロックに保存しておけば、後は白ご飯さえ炊いておけば、食べるものがないというようなことを避けることができます。

親子丼の人気レシピを紹介します

親子丼の作り方には何種類か方法がありますが、やはり人気レシピというのは王道路線で作られたものです。

まずは鶏肉を用意します。できればもも肉の方が良いでしょう。

料理初心者の人は鶏肉の切り方に戸惑ってしまう人が少なくありません。親子丼の作り方で最も手間がかかるところといえば最初の鶏肉を切り分ける段階ですので、この点だけ少し頑張って、鶏肉を一口大に切り分けましょう。

コツとしてはまずもも肉をひらいて、縦に3等分にします。あとは細くなったそれぞれの部分を横にして、ひと口大に切り分けていけば、迷うことなくできます。

鶏肉の処理が終わったら、玉ねぎを薄く切りましょう。材料はたったのこのふたつだけで十分です。

あとは醤油、みりん、酒、砂糖、和風だしで出汁を作ります。それをフライパンに入れて、鶏肉も入れてしまいましょう。

後は火をつけて、鶏肉が柔らかくなったら玉ねぎをいれて卵を注げば完成です。

めんつゆ

出汁を作る際の、醤油やみりん、酒の分量に戸惑うという人はめんつゆを使うという方法もおすすめです。

めんつゆは既に味が仕上がっているのであとは好みの濃さにするために、水で調節すればそれだけですぐに立派な出汁が仕上がります。

めんつゆを使うことで出汁づくりに省いた時間を、鶏肉を焼くことに費やしてみるのもオススメです。

はじめから出汁に入れた状態で煮込んでも美味しいですが、焼き目を入れることによって鶏肉に少々の焦げ目があると、より風味が増します。

付け合せ

付け合せはぜひ、白菜の漬物やきゅうりの浅漬け、それから味噌汁というように和テイストのものを取り入れましょう。

親子丼のカロリー

親子丼のカロリーは実は600キロカロリー前後と、他に比べてみればそれほど高くありません。

カツ丼や天丼のように、衣をつけて油であげるというような工程がないからです。

タイトルとURLをコピーしました