1. TOP
  2. 情報
  3. パスポートの申請・更新・期限切れ・紛失・再発行について説明しています

パスポートの申請・更新・期限切れ・紛失・再発行について説明しています

情報 この記事は約 8 分で読めます。 25,406 Views
パスポート

パスポート申請に必要なもの・書類

パスポートの申請に関して必要な書類はいくつかありますが、まず必要なものは「一般旅券発給申請書」です。

10年用や5年用、年齢などにより種類は異なりますが、一般的にはパスポートセンターや市区役所、市町村役場などにおいてあります。「戸籍抄本」「戸籍謄本」のいずれかも必要です。提出の日前6か月以内に発行されたものが必要となりますので注意が必要です。

「パスポート用の写真」も必要です。当然ですが申請者本人を撮影したもので、こちらも6か月以内に撮影されたものが必要です。カラーでも白黒でも大丈夫ですが、鮮明で焦点が合っているものでなければなりません。撮影の際は規格を良く調べてから撮影しましょう。

さらに「本人確認のための書類」も必要です。運転免許証や写真付きの住基カードなどが代表的です。その他にも健康保険証や学生証、会社等の身分証明書など、いくつかの書類の中から選んで提出する書類もあるので注意が必要です。

こちらに関してはあらかじめ種類を確認しておくべきです。その他、特別に必要になる場合がある書類として住民票があります。パスポートを申請するうえでは以上のような書類が必要になってきますので、予め揃えられるようにしておきましょう。

パスポート申請で必要となる書類・手続きなどについて

パスポート申請 東京都生活文化局:http://www.seikatubunka.metro.tokyo.jp/passport/guide/application/

パスポート更新手続き

パスポートの更新手続きは、住民登録をしている地域のパスポートセンターで行うことになります。

パスポートを更新する際は、所定の書類一式を持っていく必要があります。まず、身分証明が出来る書類です。運転免許証でありますとか、健康保険証などです。そして切り替え前のパスポートは忘れずに持参しなければいけません。自分の顔写真については、センターでも撮影可能ですが、自分で用意して持っていくことも可能です。また、前のパスポートに記載されている基本情報、すなわち氏名、性別、本籍地などに変更がありましたら、戸籍謄本が必要となりますので注意が必要です。

これらの書類の準備が整いましたら、センターに行って更新の手続きを行います。センターでは、一般旅券発給申請書に必要事項を記入します。必要事項記入欄に本籍地を書く欄がありますので、本籍地の住所を忘れてしまった人はセンターに行く前に本籍地の住所を調べてメモしておくと良いでしょう。

必要事項の記入が完了しましたら、一般旅券発給申請書と前のパスポート、そして顔写真を窓口に提出しますと、引換証と受付カードが貰えます。そこに日付が記載されていますので、その日付以降にセンターに行きますと、新しいパスポートを入手できます。これが更新手続きの流れです。

東京都でのパスポート申請・更新について

東京都生活文化局:http://www.seikatubunka.metro.tokyo.jp/passport/

窓口の受付時間http://www.seikatubunka.metro.tokyo.jp/passport/access/0000000427.html

窓口の受付時間は、新宿・有楽町・池袋・立川ともに同じです。

<申請受付時間>
月~水曜日 午前9:00~午後7:00
木・金曜日 午前9:00~午後5:00
日曜日 申請受付業務は行いません

<旅券受領受付時間>
月~水曜日 午前9:00~午後7:00
木・金曜日 午前9:00~午後5:00
日曜日 午前9:00~午後5:00

<休業日>
土曜日・国民の祝日・年末年始(12/29~1/3)は休みです。
国民の祝日と重なった日曜日には旅券受領窓口を開け、振替休日が休みになります。

東京都パスポート電話案内センター:http://www.seikatubunka.metro.tokyo.jp/passport/access/0000000357.html
電話番号:03-5908-0400

パスポート期限切れの場合の手続き

パスポートの期限が切れてしまったときには、新規発券の申請手続きを行う必要があります。期限切れの場合は更新をするわけではありませんので注意しましょう。
 
申請をするときに用意するものとしては、一般旅券発給申請書・戸籍抄本か戸籍謄本・住民票の写し・パスポート用の写真・本人と確認できる運転免許証などの書類のほか前回取得していたパスポートも必要となりますので覚えておきます。
 
一般旅券発給申請書については、各都道府県のパスポート申請窓口で用意されています。最寄りのパスポート申請窓口を検索するようにしましょう。
 
戸籍抄本あるいは戸籍謄本については、半年以内のもののみ有効となります。住民票の写しについても同様です。ただ、住民基本台帳ネットワークシステムで確認がとれる場合や国外で申請する場合は住民票の写しは不要となります。
 
パスポート用の写真については、申請者本人であることや無背景で帽子をかぶっていないものという条件を満たせば白黒写真でもカラー写真でもどちらでもよいでしょう。

もう一つ重要な点としては、パスポートを受け取るにあたっては手数料を必要とします。20歳以上の場合は1万6千円必要とすることを覚えておくようにしましょう。

東京都生活文化局 期限切れのパスポートをお持ちの方http://www.seikatubunka.metro.tokyo.jp/passport/guide/application/0000000371.html

パスポート再発行の手続き

海外に行く時はパスポートが必要になり、現地で滞在する時にもパスポートは常に持ち歩くことが必要になります。身分証明になりますし、トラブルがあったときもパスポートがあることによって日本人であることが証明でき、現地にある大使館に相談することができます。

ただ常に持ち歩いているため、海外で紛失してしまうことがあります。紛失したらすぐに大使館などに連絡して再発行をしてもらう必要がありますが、再発行というよりも、今まで使用していたパスポートを失効して新しく作り直してもらう手続きが必要になります。国内で紛失しても同じことですが、まずは紛失届を出して今まで使用していたパスポートを失効させる手続きを行うことになります。

その時に必要な書類は、紛失一般旅券等届出書と紛失を立証する書類、そしてパスポート写真と本人確認書類です。

紛失届が受理されてから、次に新しく申請する書類として、一般旅券発給申請書と発行から6か月以内の戸籍謄本、そして写真が必要になります。紛失届を出して失効手続きをしてから、新規作成をするので再発行してもらえるまで約10日間ほどかかることになります。紛失したら悪用される恐れもありますから、早めに再発行手続きをとることが必要です。

パスポート紛失の場合の手続き

パスポート紛失の場合の手続きは、再発行手続きではなく、紛失届を出して新規申請をすることになります。申請をした後に出てきたとしても、申請をしていたらもう、それは使えませんので注意です。まずは失効の手続きを必要としますので、いくつかの書類を準備します。本人確認書類に張り付ける写真、紛失一般旅券等届出に、焼失を立証する書類を準備して、センターの窓口で手続きをします。一般旅券等届出書に関しては、パソコンからのダウンロードはできないですし、郵送などもできません。

近くのセンタパスポートセンターへ出かけていき、受け取ることになります。名義人の氏名に著名、本籍を記載して、現住所や緊急連絡先に経緯なども記載をする欄があります。警察署に遺失物届を提出をすると、警察で遺失届証明書を発行してくれます。これは立証する書類として利用可能であり、もしも火災が原因の時には、また違ったルートになります。罹災証明書が消防署より発行されるので、立証する書類として使うことができます。

ですので届け出を出す前には、最初に警察へ届け出ることです。警察署へ遺失物届を提出してから、パスポートセンターの窓口へ行きます。パスポート紛失届書類一式の提出を行い、パスポートの失効手続きをして、新規申請をすることで、後日新たなパスポートを受け取ることができます。

まとめ

パスポートについて説明致します。パスポートは海外渡航の際に必要です。まずパスポートは5年と10年があります。

5年が11000円で青色、10年が16000円で赤色です。

申請には1週間ほど日にちがかかります。更新の際には古いパスポートを持参します。

あと必要な書類は一般旅券発給申請書、戸籍謄本、住民票の写し、写真(45×35)(顔の周りに髪の毛がかからないように気を付ける、顔がハッキリ分かるようにしておくなど様々な規定がある)、運転免許所や健康保険証などの身分証明書が要ります。

申請まで1週間から10日かかりますので、ご了承くださいませ。

待っている間に、旅行の予定を考えるのが楽しい時間です。旅行は我々に沢山の事を教えてくれます。人生観が変わります。ガイドブックで調べたり、ネットで調べたり、今の時代は便利になったものです。色々と考えている間にパスポートが出来上がります。あらかじめ、書類を提出した日に交付日を教えてもらいますので、それに従って取りに行きます。

テロなど様々な事件が起きる昨今ですので、海外は十分に注意が必要です。日本人というのは元来、言葉が悪いですが渡航した際に小金もちに思われ、カモラレル事が非常に多いです。それも合わせて注意が必要です。

\ SNSでシェアしよう! /

そらeうみの注目記事を受け取ろう

パスポート

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

そらeうみの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • スカイスキャナーで旅行をお得に

  • 機内に持ち込みが出来るスーツケースのサイズは?

  • 出雲大社の参拝方法、アクセスの情報など

  • 新千歳空港について ターミナルビル、空港へのアクセスなどの説明

  • 神奈川でグルメを楽しむならやっぱり外せない横浜中華街とラーメン

  • 清水寺へのアクセスと拝観料、歴史・見どころなど