PDCAを説明しています

pdca 特集

ビジネスシーンで用いられることが多く、昨今では書籍などの数も増加しておりかつてより馴染み深く感じられるのがPDCAです。

言葉のみは聞いたことがあるものの意味を把握できていなかったり、どういった具体例があるのかがわからないという方も少なくないです。

そもそもPDCAというのは、仕事を進めていく上での基本になるとされており、上手く回すことができれば経営上プラスになるサイクルが誕生するというものです。

スポンサーリンク

PLAN

まず計画を明瞭にし目標を定めて達成するために講じるべき仮設例を作りプランニングしていきます。どのようなことを誰に対して実行するのかという基本事項を疎かにせず一つ一つ考案していくのです。

DO

次に作った計画を実行していくのですが、単に行ってみるのではなく事前に考案したものを意識して結果に目を向けてください。そのためには手間でもあらゆる数を数えたり、時間を計測するというように数を大事にしていきます。

CHECK

そして評価を下すシーンでは計画書と共に理想的な行いができていたのかを検証し良し悪しを決めます。この時に前段階で記録していった数字があれば根拠が具体的なものになるので、検証時に正確性が高められるのでさらに高みが目指せます。

ACTION

検証後は見えてきた不都合な点などに視線を移し、解決策を練って改良を図っていくのですが、根本的に一つのプラン自体をやめてしまうという選択肢も忘れずに用意してください。

一度始めたことや着手したことに対して途中段階でやめる決心が付かないビジネスマンも多いですが、成長する見込みがない事柄に注力し続けても時間と手間が無駄になります。

PDCAサイクルが効果的に回っているか?

pdca

こうした様子からわかるようにPDCAは仕事に限らず、日常生活を営む上でも無意識的に行うようなものなので決して複雑な事例ではありません。

それでもサイクルが上手く行かずに悩んでしまうのは、プランニングと行動は行えているものの、評価と改善が疎かになっていることです。

実はとにかく行動に移すことをPDCAだと考え込んでしまっている方は多く、思いつきで動いてしまっているような状況になっています。

近年はインターネットが普及したのであらゆるサービスを手がけて急成長するスタートアップ企業も多いですが、それらの組織に起こりがちなのは忙しくビジネスを展開しつつ計画を練ってしまうという事例です。

他社を圧倒するほどの勢いでアクションができているものの、チェックをする時間を十分に確保できないという欠点がある上、計画も満足に立てられないので決してサイクルがより良く回ることはありません。

さらに、短期間での成長を願いすぎるためあらゆる変更を一気に済ませてしまうので、サイクルが著しく乱れてしまいます。

これらからPDCAのサイクルを的確にするのなら目標と目的は明瞭にし、高い頻度で定期的にじっくりと調査する時間を設けることです。尚且つレポートを作って変化による恩恵や課題点を分析可能な環境を整備しておきましょう。

教育に関するPDCAの具体例を紹介します

PDCAとは、計画、実行、評価、改善の四段階の行動を一連の作業として繰り返し行うことで、計画を遂行しながら改善を行っていく経営手法の一つです。PDCAは経営において主に用いられる手法ですが、どのような作業でも活用することが出来ます。教育に関してPDCAを利用する際の具体例としては、まず、計画に関しては受験や資格取得といった大きなものを据えるか期末試験等の小さな目標を据えることも可能です。

どのように勉強をすれば効率良く合格を目指せるか、得点を伸ばすことが出来るかを考え、それを実行します。そして、実行した結果を踏まえて、目標に達成することが可能かどうかを判断し、計画に修正が必要な場合には改善を行います。これは、模擬試験等を利用することで自身の学力が目標としている大学や資格、得点に近づいているかを判断することが出来ます。

そして、改善点も多く見つけることが出来るので、最初に掲げた計画を修正して、このPDCAのサイクルを繰り返し行っていきます。教育におけるPDCAはインプットとアウトプットを効果的に利用することでサイクルを作り上げることが出来るので、大きな計画のサイクルの中に小さな計画のサイクルをいくつも同時に進行させることでより効率的な学習を進めることが出来ます。

ビジネスでのPDCAの具体例を紹介します

PDCAはplan、do、check、actionの略です。

計画・実行・評価・改善という意味になります。

もともとは品質管理を行うために考えられましたが、最近ではあらゆるビジネスなどの管理業務や開発業務や製品試験などいろいろな場面で使用されています。

具体例として、計画では従来の結果や実績から将来の予想・予測を考案します。

計画に対して、立てた予想・予測を実行します。

実行した結果、正しい結果が出たかどうかの評価検証します。

評価検証後、計画したことをより正確に遂行するためにどのように業務を改良したら良いのか改善活動を行います。

改善した結果、当初の計画をより正確に実行できるか、最初のPDCAに戻り計画から始めます。

これらを繰り返し行うことをPDCAサイクルと呼びます。

特に製造業などでは改善活動の一環として、積極的にPDCAを利用しています。事故などが懸念される職場においては、危険の原因の特定や防止などを計画的に排除しリスクアセスメントを構築しています。このPDCAはビジネスの現場で使われますが、会社以外では一般家庭でのダイエット・趣味・スポーツなど利用価値が非常に高く、あらゆる場面で利用することが可能です。

OODAループについて

「OODAループ」とは、朝鮮戦争における航空戦を基に、アメリカ空軍の大佐によって生み出された、意思決定プロセスのひとつです。

「観察Observe)」-「状況判断(Orient)」-「意思決定(Decide)」-「行動(Act)」というサイクルを繰り返すことから、「OODAループ」と言います。

計画-実行-評価-改善という流れを持つPDCAサイクルとは異なり、周りの状況に合わせた迅速な行動がとれるサイクルとして、ビジネス面においても着目されています。

ビジネスにおいて主流とされるPDCAは、まずは入念な計画を議論によって作ることからスタートします。そのため、周囲の変化に比べて出足が遅くなりがちになってしまいます。

OODAは、現状データ分析やマーケティングなどによる「観察」、そして最も重要視される「状況判断」を経て、「意思決定」とそれに伴う「行動」が開始されます。状況判断からの意思決定を、確かな知識と決定力によっておこなうことができれば、非常にスピーディーな行動が取れるのがメリットです。

OODAループにおけるリスクは、状況判断で意見が対立し、サイクルが止まってしまうことにあります。それでは強みである迅速さが活かせません。つまり、組織での最終決定権を持つ人のリーダーシップと信頼が必要ということです。

ISO9001 pdcaサイクル

ISM Web store 様(サイト:https://www.ismwebstore.com/materials/ )の資料集が便利ですのでご紹介させていただきます。

”ISO 9001:2015 は、従来のものと比較すると、その技術的内容が大幅に変更されています。”
ISO9001:2015要求事項体系図https://www.ismwebstore.com/materials/archives/2454

タイトルとURLをコピーしました