1. TOP
  2. 海外旅行
  3. 南米ペルーの首都ラパスで二人組窃盗団の巧妙な手口にまんまと引っかかる

南米ペルーの首都ラパスで二人組窃盗団の巧妙な手口にまんまと引っかかる

 2017/06/27 海外旅行 この記事は約 4 分で読めます。 788 Views
ラパスの街

私は海外旅行が大好きで、日本の近くはもちろんのこと片道20時間以上かかる国でも、行きたい所であれば休みを作りどこでも行きます。

海外は危険だとよく言われますが、なんだかんだ大事件にも巻き込まれず、携帯を取られたりタクシー代を少しばかり多めに取られる程度で済んでいたのですが人生で一回だけ巧妙な手口でお金を騙し取られました。

それは2年前、つまりは22歳の夏です。日本の真反対に近い国のペルー、親日の人も多く穏やかな性格を持つ人々の国です。有名な世界遺産はナスカの地上絵や天空都市マチュピチュ。こんな素晴らしい物と人が溢れかえっている国で私はまんまと騙されました。

そこはペルーの首都ラパス、標高は富士山ほどの高さである3000m超え、第一の関門が高山病との戦いで、殆どの旅人が高山病により吐き気や披露を訴えます。

私もその中のひとりで標高0メートル地点から一気に3000メートルまでバスで移動したということもあり、吐き気と少し歩いただけで400メートル走をダッシュしたくらいの息切れを覚えていました。

そんな疲労困憊の中、一人の男性が小走りで坂を駆け下りていきます。私は特に気にすることもなくその日泊まる宿に向けて足を進めていたのですが、その男性は私の目の前で封筒を落として行きました。

いくら疲れていようと良心は持ち合わせていたので必死に彼を呼び止めたのですが、声も届かず遠くへ走り去っていきました。落とした本人はかわいそうだが、走り去ってしまったので私にはどうしようもなく、とりあえずその封筒を拾い、交番に届けることに決め、その中身を見ると、まさかの現金が入っていました。

そこに近くにいた別の男性が現れました。彼も男性が封筒を落とした場面を目撃していたらしく、私と一緒になってこのお金をどうすべきかということを考えてくれました。

しかし彼は、これは神様からの贈り物だ、なくした彼には悪いがこのお金は二人で半分にしようと言い出し、半ば強引に半分にお金を割り、私のカバンに無理やりお金を入れそそくさと立ち去ってしまいました。

私は高山病の疲労とがひどく、疲れ切っていたので、この悪魔のささやきはとてつもない効果を出し、疲れている中お金を拾ったのは本当にラッキーだったと思い、ありがたく頂くことにしホテルに向かい始めました。

そんなことはつかの間、その状況に示し合わせたかのように、なんとなくした男性が戻ってきて私にお金を落としたんだが君は知らないかと訪ねてきました。

この時点で私は無くした人と、目撃者はグルだったと気づきましたが、時すでに遅し。あっと言う間に私のカバンをあさりだし、半分に割ったお金を見つけ、半分足りないじゃないか、残りの半分を返せと脅され、言い逃れは出来ない状況に追いやられてしまいました。

事実、半分のお金を持ってしまっているので、言い訳はできず、高山病で疲れ切っていることもあり、走って逃げ切ることも不可能だったので、最終的にはいやいやではあるがこの巧妙な罠に引っかかる羽目になりました。

お金を半分もらったのは私の責任ですし、払わないとと思わせるこの巧妙な手口は本当に、大阪の男である私もまんまと引っかかってしまいました。

大阪にお住まいの20代の男性の方からいただいたペルー旅行で被害になった巧妙な手口のエピソードでした。

新手の窃盗ですか?それとも南米ではよくある手口なのでしょうか?いずれにしても拾ったお金はちゃんと警察に届けなきゃね^^
ちなみにペルーの首都はリマ、ラパスはボリビアの首都(憲法上の首都はスクレ)です。エピソードを頂いた方にどちらで被害にあったのか確認をとる事ができませんので、原文のままで投稿させて頂きました。

\ SNSでシェアしよう! /

そらeうみの注目記事を受け取ろう

ラパスの街

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

そらeうみの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • タイのバンコクへの旅行で様々なトラブルに見舞われて思い知った「日本人の平和ボケ」

  • トラベロコ経由でガイドを引き受けたらとんでもない目に!【さんざん迷惑を掛けられた挙句に料金踏み倒し】~ポーランドに住む日本人がアメリカ在住の自称日本人旅行者から受けた被害の顛末

  • ボリビアのウユニ塩湖の塩のホテルに泊まることを目指した南米旅行。ところが・・・

  • インドとエジプトのダブルパンチで病院行き!食あたりには気を付けて

  • タイ旅行の楽しみと持っていくと便利なものは?【現地で失敗したと後悔しないために!】

  • 空港内のレンタカー屋でクレジットカードがスキミングされる!~タスマニアでのエピソード