ぼっちゃり体型の私のオシャレのポイント~引き締め効果が高い色を基本に明るい色をワンポイント使う♪

ぽっちゃり体型 ファッション

私は38歳、大阪在住のいわゆるぽっちゃり体型の主婦です。

昔からおしゃれが大好きで、中学生のころから外見には気をつかっていました。ですが、雑誌で見るのと自分の体型があまりにも違うので、いつも試着しては頭の中のイメージとの違いにがっかりしていました。

また、買うと満足してしまう性格なので、お店でとてもいいと思って買っても、家に帰って着てみると、それほどいいものに見えなくなったり…と買い物下手で、家のクローゼットは常に着ない服であふれかえっている状態でした。

高校生になったときに彼氏ができ、一緒に服を買いに行った時には、「これ、似合うんじゃない?」という彼氏のリクエストに応えて試着したりもしましたが、フィッティングルームから出てきた時の反応は今でも忘れられません。

似合わない…とも言えず、「あ…あぁ、他のも見てみよう」とあやふやな態度でごまかす彼氏の気遣いに、逆にとても傷ついたのです。

逆に自分でも「服がきつきつで似合わないな」と思うときに、店員さんに「とっても似合いますよー」と大げさに褒められたりするのもつらかったです。

それからはフィッティングルームをつかうことがトラウマになり、とても怖くなってしまい、試着せずに買うようになってしまいました。

ダイエットもたくさんしましたが、長続きすることもなく、ぽっちゃり体型のまま大人になってしまいました。ところが次第に女性芸人さんたちで、ぽっちゃりした方が活躍するようになり、「ふとっていてもおしゃれしているとかわいい」と思えるようになりました。

その頃には金銭感覚もまともになってきていたので、むやみに買いあさるでもなく、もっている服を再確認し、使いまわせるものを選んで買うようになりました。

特に同じようなデザインのものをたくさん買ってしまっていて、体型を隠せるワンパターンな服装になりがちだったのをやめ、ふわふわひらひら妊婦服から、思い切って体型がわかってしまってもすっきりしたラインのデザインを買うようにすると、友達からも高評価をもらえるようになりました。

色は黒や紺、グレーなどの引き締め効果が高い色を選びますが、全体的に暗くなりがちなので、どこか一つには明るい色のカバンや靴を取り入れて、足首や手元などの細い部分を少し見えるようにし、華奢なデザインのアクセサリーを身に着けるようにしただけで、随分イメージが変わったようです。

ぽっちゃりさんの中には、「私はスタイルよくないから、おしゃれしても仕方ないよ」という方もいますが、私は今はぽっちゃり体型が魅力!くらいに思っています。

自分の体型を自覚し、研究し、試着の際も「これなら着られる!」というのがわかってきたので、今ではフィッティングルームが怖くありません(笑)。

自分に似合うもの、自分の好きなもの、あと少し引いて客観的に印象のいいもの。少しおしゃれするだけで、一日のテンションも変わるくらい、おしゃれって自分にとっては大切なことなので、これからもぽっちゃり体型を卑屈に考えることなく、ポジティブ思考で毎日のおしゃれを楽しみたいと思っています!

大阪にお住まいのアラファー主婦さんからいただいた、ぽっちゃり体型でも可愛くなれるオシャレのポイントでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました