今現在も用いられているプロパガンダとは その意味と戦争中の使われ方など

プロパガンダ 特集

プロパガンダとは特定の思想や主義に誘導する宣伝のことで、無意識にうちに情報が脳に伝わるので洗脳する時によく使われます。

プロパガンダを利用して市民を偏った考え方へと導いたのが、ヒトラーです。ナチスの指導者であったヒトラーは「我が闘争」の中で反ユダヤ主義や反ボルシェビキ主義を普及させるのにプロパガンダが効果的であることを書いています。

1933年に国家社会主義ドイツ労働者党いわゆるナチスが政権を握ると、彼は国民啓蒙および宣伝省を設置しました。美術や音楽、映画など市民に親しまれている娯楽を通して、ナチスの主張を伝えることが目的でした。

ドイツ人たちはユダヤ人などの外国人が国家転覆の動きを見せていると考え始めます。ユダヤ人はドイツを貶めようとしているから暴力行為を行っても構わないといった雰囲気を作った上で、ユダヤ人に対する厳しい経済法を成立させました。

市民にはナチスがユダヤ人からドイツを守っているように見え、ますます民族意識は高まりました。ドイツ軍がソ連に侵攻し始めるとソ連の共産主義とユダヤ人を結びつけ、ヨーロッパをユダヤ人とボルシェビキから守るために戦っているという印象付けを行いました。1943年にドイツはスターリングラードで大きな損失を出しましたが、ソ連が戦争に勝てばドイツを始めとするヨーロッパは崩壊するとして市民たちを戦争へと奮い立たせました。

ナチスは映画の中でユダヤ人を人間以下だと描写したりヒトラーを美化したりすることで、不特定多数の市民にナチスが主張するメッセージを植え付けました。ホロコーストの犠牲者に対しては、自分たちは生きるのに十分な環境を提供してもらっていると嘘の葉書を家族に送らせることで、ナチスによる残虐行為を隠蔽しました。

プロパガンダがユダヤ人を大量虐殺する理由を作り出し、それを黙認する環境まで作ったことを意味しています。知らないうちに特定の思想に染まり正しい判断ができなくなるのが恐ろしいところです。

タイトルとURLをコピーしました