クイックペイについての説明

クイックペイ 特集

クイックペイ(QUICPay)とは、お店の端末にカードやスマートフォンなどをかざすことで、
買い物の支払いができる電子マネーの支払い方法です。

全国のコンビニやドラッグストア、スーパーなどでも多数利用でき、
登録さえすればサインもいらず、カードによってはポイントやマイルがたまります。

支払いの対応はクレジットカードやプリペイドカード、
今後はデビットカードでも支払い対応が予定されています。
なのでチャージをしなくても利用するができる後払いになります。
紛失や盗難にあった場合も支払いに指定したカードと同じ保証を受けることができるようになっています。

また、クイックペイには2種類の支払い方法があり、
クイックペイとクイックペイプラスとなっています。

違いとしては、支払い方法がクイックペイだとクレジットカードだけになるのが
プラスにすることでプリペイドカードと今後予定のデビットカードでの支払いが可能になることです。

そして一回の利用金額も2万円までなのが、
クレジットカードだと対応店でのみ2万円以上の利用が、
デビット、プリペイドだと2万円以上の利用が可能になります。

それぞれ利用できる店舗は各カードのマークがある場所で利用が可能となります。

使用できる種類は、カードタイプ、モバイルタイプ、キーホルダータイプがあります。
カードタイプではクイックペイ機能だけがついた専用のカードとクレジットの機能がついたもの、
nanacoも使えるもの等があります。

モバイルタイプはおサイフケータイ対応のスマートフォンや携帯電話での利用が可能です。

また、ApplePayという対象のiphoneやApple Watchにクレジットカードを登録し、
Quicマークが表示されると利用することができます。

申し込みをするにはまずクイックペイのホームページの申し込みページで、
自分に合った各カード発行会社を選びます。

そこの発行会社からQuicPayカードを申し込むと発行され登録に進めます。

タイトルとURLをコピーしました