電子マネー楽天edyとは?

電子マネー 特集

楽天edyは、楽天edy株式会社が提供するプリペイド方式の電子マネーです。

この電子マネーは、1999年から2000年にかけてソニーとソニーファイナンスインターナショナルが、三井住友銀行や三井不動産と合同にてソニーグループの社員を対象に売店や社員食堂が利用できる電子マネーとしてモニターテストをしたのが始まりです。

最近では、edyの種類も豊富となり、プロパーカード型や会員証一体型、社員証一体型、クレジットカード一体型、携帯電話に組み込まれたモバイル型など様々な形態となっています。

使い方としては、いわゆる「電子財布」となり、カードに通貨価値をチャージする必要があります。チャージできる最大額は50,000円となっていて、入金機や店頭のレジ、インターネットによるオンラインチャージなどの方法があります。クレジットカード一体型の場合は、クレジットカードからのチャージも可能です。

楽天edyを使用して加盟店にて支払いをした場合には、楽天スーパーポイントがたまっていくのも一つの魅力となっています。使用方法としては、店頭ではPOSレジにつながっている端末にedyを触れさせれば決済完了となります。決済完了の瞬間に「シャリーン」という音がするのが特徴です。

インターネットで利用する際には、あらかじめPaSoRi本体を用意し、パソコンに「Edy Viewer」をインストールする必要があります。PaSoRiにEdyを置いて、決済を指定すると決済画面が表示されて、その後確認画面を経て決済となります。

楽天edyは色々な企業と提携を行っています。各種クレジットカード会社の他にもJR東日本のSuica等とも連携が行われています。特にモバイル端末が普及し始めてからは、NTTドコモ等とも提携されるようになりました。また、三井住友銀行を初めとして多数の銀行とも連携をしています。

現在の普及状況は、発行数が累計で7,550万枚、利用可能店舗が36万店となっています。

タイトルとURLをコピーしました