蟹スープ【美味しくて簡単な蟹料理レシピ】

蟹スープ グルメ

具だくさんのスープはそれぞれの味がスープに溶け込み、とてもおいしいものです。また、野菜をたくさん摂ることができるので、日頃野菜不足だという人にもおすすめです。

中華のかにレシピの中でも、スープは簡単で、気軽に作ることができます。まずは、具材を用意します。メインのかには、ゆでたむき身を使います。

野菜は、にんじん、しいたけ、チンゲン菜、ねぎなどがよく合います。その他に、きくらげや春雨があると、より中華らしくなります。冷蔵庫によくある野菜を使い、思い立ったらすぐ作れるところが、スープのかにレシピの良いところだといえます。

まずは、きくらげを水にもどし、石づきをとります。春雨はぬるま湯でもどして水気を切り、適当な大きさに切ります。

にんじん、しいたけ、チンゲン菜、きくらげを食べやすい大きさに切ります。ねぎは小口切りにしておきます。それから、鍋に水、鶏ガラスープ、酒を入れ、火にかけます。スープが煮立ったら、切った野菜を入れ、やわらかくなるまで煮ます。野菜がやわらかくなったらかにを入れ、ごま油、塩、こしょう、醤油を加え、味を調えます。

味が決まったら溶き卵を流し入れ、卵がふわっとなったら出来上がりです。器に盛りつけ、小口切りのねぎを散らすときれいです。溶き卵を入れる前に水溶き片栗粉を入れ、あんかけスープにしてもおいしくなります。このかにレシピは、かにと野菜で気軽に栄養を補給することができるので、寒い冬に似合うだけでなく、夏バテ気味の人にもおすすめです。

スポンサーリンク

かにの中華風スープ

<材料>(2人前)
○かに:殻つきなら300g、剥き身やほぐし身なら150g、缶なら半缶
○長ネギ:1本
○卵:1個
○白ゴマ:適量
○水:300ml
○ウェイパー:大匙1
○醤油:ひと回し
○水、片栗粉:それぞれ小さじ2

<作り方>
長ネギは斜め薄切り、かには冷凍されていてもそのまま使用します。鍋に水を入れ、沸騰させます。そこへウェイパー、醤油を入れ味を調えたら長ネギ、かにを入れます。

長ネギに火が通ったら、卵を溶きほぐしてスープを少し入れてかき回しておきます。水溶き片栗粉を作ってグラグラ沸騰させているスープの中にたらし入れ、箸でかき回します。その後卵も同様にグラグラしている中へ回し入れたらすぐに火をとめます。

蓋をして1~2分蒸らせば出来上がりです。器に盛り付けた際お好みでゴマをちらしてください。

<アレンジ方法>
ここへ春雨を入れて春雨スープにするとおかずになりますし春雨ならヘルシーです。かにからも出汁が出るので普段の春雨スープよりも美味しく仕上がっているはずです。

わかめを入れても便秘解消スープとして使えます。鶏肉や白菜などの具材を増やすことで小鍋仕立てになり、お昼ご飯などにも重宝しそうです。ご飯を入れて雑炊にしてもいいですね。

基本の中華スープとなるのでアレンジは自由自在です。色々な具材でチャレンジしてみてください!

<ポイント>
水溶き片栗粉を入れてから、卵を入れることできれいにふんわりとした卵スープができます。その際水溶き片栗粉を入れるときも卵を入れるときも沸騰させた状態で入れるということを気をつけてください。

タイトルとURLをコピーしました