リンパ球・管・節などリンパについての説明

リンパ 健康

リンパは組織液に由来し、無色透明ないし白色のリンパ漿と、おもにリンパ球からなる細胞成分とからなり、リンパ管によって運ばれて血液に戻ります。

リンパ球を産生する組織が主体となってできている器官をリンパ性器官と言ってリンパ小節・リンパ節・扁桃・胸腺などがこれに属します。

スポンサーリンク

リンパ球

リンパ球は免疫を担当する細胞で細胞性免疫に関与するTリンパ球(T細胞)と、体液性免疫に関与するBリンパ球(B細胞)に二種類に分類されます。

抗原の刺激が加わるとTリンパ球が増殖して抗原を攻撃する物質(リンホカイン)を分泌するとともにBリンパ球は分裂増殖して形質細胞(プラスマ細胞)に転化して抗体(γグロブリン)を産生します。

T細胞は胸腺に由来し、B細胞は骨髄に由来します。いずれの細胞も骨髄で造られる幹細胞から分化・成熟します。

T細胞のサブセット(部分集合)はいくつか機能別に分けられています。

キラーT細胞はウイルス感染細胞・腫瘍細胞・移植片などを傷害します。

エフェクターT細胞はリンホカインを産生してマクロファージの殺菌能を高めたたり、炎症反応をおこしたりする遅延型アレルギーです。

ヘルパーT細胞はB細胞が抗体産生細胞に文化することを助けたり、キラーT細胞の発現を助けたりします。

サプレッサーT細胞はB細胞の分化、ヘルパーT細胞・キラーT細胞・エフェクターT細胞の発現をおさえます。

リンパ球には上記以外にナチュラルキラー細胞(NK細胞)とキラー細胞(K細胞)があります。

ナチュラルキラー細胞は自然発生的に細胞障害作用があり、腫瘍細胞やウイルス感染細胞を破壊して排除しています。

キラー細胞は抗体が結合した標的細胞に抗体のFC部分を介して結合することにより障害作用を発揮します。

リンパ管

リンパ管は静脈に似た構造をしています。静脈と比べると壁は薄く、多数の弁があります。

リンパ管の走行は網状を呈するものや動脈あるいは静脈にそうもの、リンパ節に向かって放射状に走行するものなどがあります。

腕や足では長軸にそって縦に平行に走るところもあります。

リンパ管はところどころでリンパ節を経由してしだいに太くなり、最後は左は胸管、右はリンパ本幹となって静脈に注ぎ込みます。

リンパは組織液が集まったもので、ほぼ血漿と同じ成分をしていますが血漿と比べるとタンパク質は少なくなっています。

リンパ中には多数のリンパ球があります。

リンパ節

リンパ節(リンパ腺ともいう)のおもな働きは主に以下の3つになります。

細菌・色素などの巨大な分子がリンパ節内の細網細胞によって食作用をうけて全身に広がるのを防いでいます。
胸腺や骨髄と同じようにリンパ球を生成して免疫機能を営んでいます。
外壁にある平滑筋を周期的に収縮してリンパの流れを促進しています。

リンパ節には次のようなものがあります。

頭部・頸部:耳介後リンパ節、耳下腺リンパ節(耳介の前)、顎下リンパ節、浅・深頸リンパ節(側頸の皮下と深部)などにあって、頸リンパ本幹に注ぎ込ます。
胸腔内:気管・気管支、内胸動脈・内胸静脈、食道、心臓などにそうようにリンパ節があります。右側のリンパはおもに右気管支縦隔リンパ本幹または右リンパ本幹に注ぎ、左のものはおもに胸管に向かいます。

腹腔内:胃・十二指腸・膵臓・肝門にそうリンパ節、上・下腸間膜リンパ節、腹腔動脈にそう腹腔リンパ節、腹大動脈や下大静脈にそう腰リンパ節などがあって、これらは胸管に向かいます。

下肢:膝窩リンパ節、浅・深ソケイリンパ節などがあって、リンパは腰リンパ節に向かいます。
上肢:腋窩リンパ節、肘リンパ節などがあって、鎖骨下リンパ本幹に注ぎます。

リンパ節(リンパ腺)の腫れ

リンパ節はだいたいは身体の表面からは触れるほどの大きさはありません。ソケイ部のリンパ節は身体のなかでも大きなリンパ節で小豆大から大豆大で1~3個ほどが触れることがありますが他の部位で触れる場合は病的と考えます。

リンパ節に細菌などが侵入するとリンパ腺炎をおこして、リンパ節の走行にそって皮膚が赤くなって痛みが現れます。

急性の炎症のリンパ節の腫脹は柔らかい場合がほとんどです。石のように固く触れる場合は癌のリンパ節転移が考えられます。

病原菌のほかにがん細胞もリンパ管を通って転移します。例えば乳がんの場合はがん細胞が腋窩リンパ節に広がるとここが癌性の変化を起こして腫れます。左鎖骨上窩のウィルヒョウのリンパ節転移は胃がん、胆のうがん、膵臓がんなどの転移と考えられます。

白血病のときにはいろいろな部位のリンパ節が腫れを起こします。

全身のリンパ節が腫れる病気にホジキン病などがあります。

リンパ腫

悪性リンパ腫はリンパ組織の腫瘍性増殖性疾患の総称名で、ホジキン病と非ホジキンリンパ腫に大別されます。日本では非ホジキンリンパ腫が圧倒的に多いようです。
悪性リンパ腫は通常リンパ節から発生しますが臓器やその他の組織が原発となることがあります。これらはリンパ節外悪性リンパ腫とよばれます。

ホジキン病:痛みのないリンパ節の腫脹(特に頸部に初発することが多い)、原因不明の発熱、有熱期と無熱期が周期的に繰り返しておこったり、寝汗、身体のそう痒などが主な症状となります。

病気が進行するとリンパ節腫脹が隣接したリンパ節へ進展して全身に広がって、深部リンパ節におよぶと肝脾腫や圧迫症状がおこるようになります。細胞性免疫の低下を反映してリンパ球の減少やツベルクリン反応の陰性化、リンパ球のPHAに対する反応の低下などが認められます。

ホジキン病の病期分類によって治療を選択します。病期分類にはリンパ節などの病変部の生検、リンパ管造影、シンチグラフィー、CT、骨髄生検、腹腔鏡下の肝脾生検などが必要となります。だいたいは病期Ⅰ~Ⅱには外科的切除と放射線治療が、病期Ⅲ~Ⅳには化学療法が選択されます。5年生存率は60~70%で治癒例も少なくはないです。

非ホジキンリンパ腫:おもな症状はホジキン病と同じですが病初からの発熱や寝汗、そう痒などがあらわれるのまれです。もっともよく見られる症状は表在性リンパ節の腫脹で、だいたいは痛みの伴わない腫れです。触ると硬く、可動性があります。

深部リンパ節腫脹すると縦隔リンパ節腫脹では身体を動かした時に咳や呼吸困難などが現れ、腹部リンパ節腫脹では腹痛・腰痛・背部痛、ときには黄疸があらわれることがあります。

非ホジキンリンパ腫では悪性度の低いものから高いものまで種々の型がありますが、日本では中等度悪性群のびまん性リンパ腫大細胞型が50%をしめています。

非ホジキンリンパ腫の治療には原則として病期Ⅰ~Ⅱに対しては放射線治療の単独もしくは化学療法の併用を行います。病期Ⅲ~Ⅳに対しては化学療法を行います。5年生存率は病型によって大きく異なり25~70%と幅があります。

リンパ浮腫

組織液の一部は毛細血管のなかに吸い取られて再び血行に帰りますが、他は毛細リンパ管壁を通してリンパ管内に流れ込んで静脈に合流します。毛細リンパ管内には組織圧が働いて陽圧となっています。リンパ本幹の静脈への開口部はわずかに陽圧か陰圧(吸気時・息を吸った時)になっています。その為圧の高い毛細管から圧の低いリンパ本幹にリンパが流れて静脈へ合流します。

筋肉の収縮はリンパ管に外力をあたえることとなり、リンパの循環を助けています。リンパの流れは呼吸運動や筋運動によっても促進されます。リンパの循環が妨げられると浮腫がおきます。

癌治療のリンパ節郭清にともない続発性リンパ浮腫が現れることがあります。

リンパ浮腫を治す方法は手術とリンパ浮腫技能者によるマッサージ、浮腫改善専用のサポーターによる圧迫帯を使用したものだけです。

リンパマッサージ

リンパマッサージは癌治療後の続発性リンパ浮腫などに対しての軽減方法で、足痩せを目的としたものには疑問を感じます。

リンパ浮腫を改善できる技術を持った人( リンパ浮腫指導技能者)は医師・看護師・理学療法士といった医療者が専門機関で修学した後で得る資格です。本当のリンパマッサージは医療機関でしか受けられないと思ったほうが良いかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました