細胞の性質と構造について説明します

細胞 健康

人間の身体というのは複雑に構成されていて、
様々な役割を持っていることによって生活ができているといえます。

その中でも重要なポイントは、生き物にとって謎の多い細胞があります。

理科の実験などで見ることがありますし、また画像で確認することができます。

様々な性質をもっており構造上では細胞分裂などをするために、
たくさん広がっていくイメージがあります。

人間の身体は分裂してできているといっても過言ではなく、
血液の他にも皮膚や粘膜なども同じように細胞からできています。

性質はそれぞれ異なりますが、身体にとって必要なものを作り出すことができるのが肝臓だったりします。

また血液が無くては人間は生きてはいけませんので、
酸素や栄養素などを運ぶ作業をしているので、とても便利な役割をしてくれています。

ただ増えていくだけではなく役割を持って人間の身体を作っていきますので、
人間の身体を病気から守る免疫機能なども働かせています。

生まれたばかりの赤ちゃんでは防御をする能力が低いために、すぐに病気になってしまいます、
日常生活を気をつけたり、食事や運動習慣をつけることによって強い体になって生きます。

胃腸が弱っていると唇に表れるともいいますが、同じ粘膜という細胞でできていることから繋がりがあります。

筋肉なども作っていますので、電気信号によって脳に刺激がいくことによって筋肉を動かすことができます。

すぐに反応できるような敏捷性というのは、細胞からの動きが活性化することによって、
よりスポーツなどに対応できるようになります。

トレーニングをしていくことで細胞からの動きというのが早くなっていきますので、
反射能力なども高くなることも少なくありません。

しかし、細胞は万能ではありませんので、栄養素ではカルシウムがあることで骨の中で吸収されていたり、
皮膚ではコラーゲンという物質になっていることで肌に張りを出します。

構造によって違いがありますが、性質を知ることでわかりやすくなります。

タイトルとURLをコピーしました