債権について

債権 特集

「債権」とは、債権者が債務者に対して一定の行為(借金の返済もしくは金銭の支払いなど)を請求できる権利のことです。

ここで言う債務者とは、ある者(個人や業者など)から借金をした者のことを言います。

また、商品などの仕入れを先に行い、その支払いをまだ済ませていない者も、この債務者という立場に置かれます。

一方、債権者は、そのような債務者に対して返済や支払いを求める権利を持つ者のことで、債務者が任意に債務の履行をしない場合には、その強制履行を裁判所に請求することができます。

スポンサーリンク

債権の本質

債権は財産権と同様ですが、いわゆる”物件”とは違うというのが共通認識であるとされています。

物の支配の権利を目的とするのが物件ですが、債権は対人性(債務者の特定の行為でこれを給付という)を目的とするものです。

債権の分類

以下、ウィキペディアより引用 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%82%B5%E6%A8%A9

・発生原因による分類

現在の日本の民法においては、民法第3編債権において、その発生原因として、契約、事務管理、不当利得及び不法行為の4つを規定している。 当事者間の合意により発生する債権を約定債権といい、契約による債権がこれに属する。一方、法律の規定によって生じる債権を法定債権といい、事務管理、不当利得、不法行為による債権がこれに属する。

・目的別

特定物債権、種類債権、金銭債権、利息債権、選択債権

・譲渡

指名債権、証券的債権(指図債権、記名債権、記名式所持人払債権)

・倒産法制

協定債権

タイトルとURLをコピーしました