1. TOP
  2. イベント・レジャー
  3. 札幌の夏は楽しいイベントがめじろおし

札幌の夏は楽しいイベントがめじろおし

 2017/04/12 イベント・レジャー この記事は約 5 分で読めます。 1,013 Views
札幌夏のイベント

札幌の短い夏を思いっきり楽しめるイベントのご紹介です。札幌に住んでみて思うのは、夏が本当に短いという事。そして北海道の人は短い夏を楽しむのが本当に上手だと関心させられます。
私の実感だと夏っていう暑さを感じるのは、七月中旬から八月の中旬までのせいぜい1ヶ月。ゴールデンウィーク中に、ほとんどの家で暖房器具を使っているのには驚きました。
空気が乾燥しているので、七月の上旬でも夜は長袖の上着がないと外出するとちょっと寒く感じます。湿度の高い暑さに慣れた道外の方が札幌の夏のイベントを思いっきり楽しみたのなら長袖の上着を持って行くことをオススメします。

楽しみ方もいろいろ YOSAKOIソーラン祭り

6月初旬、新緑の大通り会場をメインに開催されるYOSAKOIソーラン祭り。YOSAKOIソーラン祭りは高知県よさこい祭りの「鳴子」と北海道の民謡「ソーラン節」をミックスして生まれたお祭りです。
見どころはソーラン節のフレーズが入った迫力ある曲に合わせて、個性的な衣装で舞い続ける老若男女の美しさ。この祭りに掛けた踊り子達の情熱的なエネルギーは圧巻で、見ているだけでエネルギーを分けてもらえ元気がでてきます。300チーム以上が参加し、チームそれぞれ個性があって、見ていて飽きないのもこの祭りの魅力です。

期間中は大通り会場の他、道庁赤レンガ前やすすきの、サッポロファクトリーそのほか札幌各地で演舞が披露されます。
また大通りには飛び入り参加自由のエリアもあるので、見ていて一緒に踊りたくなったらレッツダンス!沿道でYOSAKOIのリズムに合わせて合いの手を入れながら見るのも楽しい。立ち見は疲れるから座ってゆっくり見学したいという方には有料の観覧席があります。小さなお子様やお年寄りと同行する方にオススメです。

YOSAKOIソーランが終わると、夏が近いぞと感じるのは私だけでしょうか?

さっぽろ夏まつりのメインイベント? 大通ビアガーデン

7月末から8月中旬まで開催される大通りビアガーデン。大通公園西5丁目から西11丁目全体がビアガーデンになり、約13,000席が用意されその規模は国内最大級です。1丁ごとにビールメーカーが変わるのが大通ビアガーデンの特徴。自分がいつも飲んでいるビールメーカーで飲むもよし、いつもと違うメーカーのビールを飲むもよし、世界のビール広場で異国のビールを試すのも良し。いずれにしても大通公園のビアガーデンで飲むビールはとにかく美味い。

平日に行くなら16時前に行くことをお勧めします。この時期なぜか16時をすぎると近くで働いているサラリーマンらしき人が飲み始め、17時を過ぎると席はほぼ満席になりますよ。
またお子様を連れて観光ついでに行くならお昼12時からやっているので出来るだけ早い時間がお勧めです。大通りビアガーデンには美味しい食べ物や北海道ならではの食べ物も用意されているのでアルコールが苦手な方や酔っぱらいが嫌いな方でも早い時間なら楽しめると思います。

ビアガーデンで不安なのはトイレ。かつては行列ができイケナイ事と分かりつつ、我慢できずに近くのコンビニなどに迷惑をかけた経験のある方も少なくないはず。しかし私の経験ではここ数年はトイレですごい行列にでくわした事がありません。トイレの数が増えたのかな・・・はっきりした理由はわかりませんが、トイレの心配がなくなったのは嬉しいかぎりです。あとビアガーデンに行く時は必ずポケットティッシュとか持っていきましょう。

安心して楽しめるイベントがいっぱい すすきの祭り

8月初旬に3日間だけ開催される夏のすすきの祭り。南4条から南6条までの西3丁目・4丁目の会場は、期間中歩行者天国となる。普段のすすきのでは見ることのできない100軒もの屋台があるので、よその地域に来たような不思議な気分を味わえます。

すすきの祭りで是非見ていただきたいのが、初日の20時ころからはじまる「花魁道中」です。
花魁役は18才から30才までの札幌近郊にすんでいる明るく健康な2名の女性が公募で選ばれます。2名の花魁は「夢千代大夫」と「佳津乃大夫」。絢爛豪華な衣装を纏い、雅やかな曲にあわせ、「八文字」という独特の歩き方で、すすきの南部にある豊川稲荷神社から中心街までの約300mを約25cmもある高下駄をはいて約1時間かけて歩きます。はじめて花魁道中をみた私はついみとれ、口をあんぐり開けてしまったほど。となりで一緒に見ていた友人につつかれ我に返って周りを見渡すと、真剣に写真撮影している人がほとんどの中、いました口をあんぐり開けて見とれてる人。見とれるほどに現実離れした妖艶な花魁道中は一押しです。

札幌太鼓連合会による太鼓演奏、すすきの囃子、きやりや梯子乗り、札幌の夏まつりを練り歩いてきた7基の神輿が集結し宮入を繰り返す連合神輿渡御などすすきの祭りは見どころ満載です。

まとめ

北海道の短い夏を楽しむ札幌のイベントは他にも「花フェスタ」「SAPPORO CITY JAZZ」「北海盆踊り」など他にもたくさんあります。

札幌の夏のイベントはどれもが歴史的な背景を感じさせない新しいものが多い。それだけに皆で楽しみ、皆で盛り上げていく、これからもっと発展し楽しくなっていきそうなイベントが多いような気がします。

\ SNSでシェアしよう! /

そらeうみの注目記事を受け取ろう

札幌夏のイベント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

そらeうみの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • アメリカ・ウィスコンシン州で乗馬体験~馬が道を間違え深い森の中であわや遭難?!

  • 韓国の道峰山の登山~上級者用の難コースに迷い込み大変な目に遭った!

  • 家族旅行で泊まった過去最低のひどい宿~黙っていても客が来る某有名海水浴場周辺はだいたいク○宿との噂

  • 東京ディズニーランドに行くなら参考にしてほしいアトラクション、キャラクター、パレード・ショー別の私の楽しみ方!

  • 安物防水ケースのせいで命綱のiPhoneがダメになった!サイパンでのスキューバーダイビングとシュノーケリング

  • 山口県で海を眺めながらフグ料理を堪能する・・はずが大雨で真っ白に霞み何も見えず残念!