1. TOP
  2. イベント・レジャー
  3. 潮干狩りで準備しておくべき持ち物~道具から服装はコレ!~

潮干狩りで準備しておくべき持ち物~道具から服装はコレ!~

 2017/03/22 イベント・レジャー この記事は約 5 分で読めます。 710 Views
潮干狩りの道具

潮干狩りに行く時の持ち物は意外と多くあります。

出来れば身軽に行きたいものですが、今から説明するものは最低限準備すると後で困りません。

着替え、ビニール袋、タオル(出来れば大小)、日焼け止めや帽子、ペットボトル、クーラーボックス、網、バケツ、軍手、熊手です。また、潮干狩り自体が長くなる様な場合は、軽食出来る様な食べ物も持って行きます。

持ち物に関して更に詳しく説明します。

潮干狩りの服装

潮干狩り

潮干狩りは長袖と長ズボンで

着替え又は服装ですが、海に入りますが決して半ズボンやTシャツで海に入る様な事は危険です。

結論から言うと長袖と長ズボンがベストです。出来れば長袖もフード付きのものだと、首や頭部を守る事が出来ます。

どうしても暑いなら長袖Tシャツにして麦わら帽子を被ると良いです。タオルも首に巻くと日焼け防止や汗を拭くときに便利です。

ズボンはジャージなどをまくって対応します。濡れることもありますが、ジャージの下に水着を着るのも良いです。

潮干狩りの履物

そして履物ですが、大人の方なら長靴で子供なら運動靴などが良いです。海の砂の中にはガラス破片や貝の破片が落ちているので、素足は絶対に止めた方が良いです。

また、ビーチサンダルは脱げやすく流される危険性もあります。また、濡れた靴特に長靴で岩場を歩く場合は、滑りやすくなるため注意が必要です。子供は底がしっかりしているシューズにすると良いです。

潮干狩りに必須の道具

潮干狩りの道具

ビニール袋

ビニール袋は、45Lくらいの大きめのサイズを用意し、汚れものを入れたり、クーラーボックスもそのまま入れると水漏れ防止にもなり、帰りの車の中が濡れません。

日焼け止め

日焼け止めは、行く前に塗るのも良いですが、砂浜の日差しは想像以上に日焼けをするので、炎天下の場合肌も火傷をしていしまいます。必ず何度か塗る様にします。

ペットボトル

ペットボトルは2Lのサイズに水道水を入れて数歩運持っていきます。帰りに手足に付いた砂を洗い落とす時に便利です。

そして、空のペットボトルに海水を入れて持ち帰って、掘った貝の砂抜きに使用します。貝は元いた同じ環境の海水だと砂をよく吐き出します。

バケツ、網

バケツと網は、堀った貝を入れておきますが、始めは網に入れておき運ぶ時にまとめてバケツに入れると良いです。

始めからバケツに入れておくと重くて移動する時に大変です。また、網の代替えとしてザルなども良いです。ザルにどんどん入れて移動する時も砂が勝手に落ちるし、海水の中でゆすげば綺麗にもなります。

ソリ

その他にソリなども便利です。草スキー用のものだと、そのまま砂の上を滑らせることが出来るので、道具や堀った貝を手に持つよりソリに乗せた方が移動しやすいのです。

軍手

軍手は普通のものだと、砂の摩擦や爪で破けやすくなるので、ゴムが付いているタイプを使用します。貝やガラス破片で怪我することもなく、貝もゴムがあった方が掴みやすくなります。

熊手

熊手は、砂を掘る時に使用しますが、プラスチック製はお勧めできません。砂や泥は意外と重いので使っている間に折れてしまいます。出来れば歯が金属製のもので5本ある忍者熊手を使用すると良いです。

できれば潮干狩りに持っていった方が良いもの

また、実際に潮干狩り行為そのものに必要はないですが、次のものがあると便利です。

ボディーバック、救急セット、レジャーセット、折り畳み椅子。

ボディーバック

ボディーバックは、携帯電話や貴重品などの小物を入れるのに便利です。

リュックは便利な様なイメージですが、しゃがんでの潮干狩りには意外と邪魔になります。また、ウエストポーチはしゃがんだ時に海水に浸かる恐れがあります。

救急セット

救急セットは、ガーゼと消毒液、絆創膏など最小限のものを入れておきます。

レジャーセット

レジャーシートはもちろん荷物を置いたり休憩する時に役にたちます。簡易テントなどがあると日除けにも良いです。

折り畳み椅子

折り畳み椅子は、貝を探している時の作業はずっと中腰姿勢なので、足腰が段々とキツクなります。時折椅子に座って作業をすると足腰も楽になります。

まとめ 家族連れで潮干狩りに出かけるのなら

潮干狩り
私が潮干狩りをする時は、家族を連れて行くため更に準備物も多くなります。特に子連れの場合は、今までに説明した以外のものも準備しなければなりません。

子供が小学校に入る前は特に危険との隣り合わせなので、子供が逸れて迷子になる可能性もあります。

そこで、私の場合は犬用のリードを子供の服と自分の服で繋いでおきます。普通の紐だと外れる恐れがあるので、犬用のリードだと金具が先に付いているため、簡単には外れません。

そして、万が一のために子供の背中にガムテープを付けてその上に名前と携帯番号を記入しておきます。そうする事により安心出来ますが、携帯番号に抵抗があるなら、子供の服を目立ちやすい様な蛍光色の服装にします。しゃがんでいても直ぐに分る目立つ色だと安心です。

また、子供は飽きてしまう事が多いので、砂遊びセットや虫かごなどを持っていき、カニやヤドカリを捕まえて虫かごに入れると子供も喜び直ぐには飽きません。また、お菓子を持っていくと少しは子供も間が持ちます。

この様に、潮干狩りに複数で行くとき、特に子連れの場合は注意する事が必要です

\ SNSでシェアしよう! /

そらeうみの注目記事を受け取ろう

潮干狩りの道具

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

そらeうみの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 悪天候の鳥取砂丘で散々な目に。最悪の日帰り旅行の一日・・・

  • 札幌の夏は楽しいイベントがめじろおし

  • 山で迷わないために【山仕事をしてる私が体験から言えること】

  • 「明日から旅行に出掛けることになったから他のホストファミリーを探してくれないか?」~自由の国アメリカの真髄!?

  • 埼玉県から福島県の親戚の家へ家族で車で行くことに「高速代もったいないから下道で行って」と嫁からのキツイ指令が

  • 家族を乗せてスキー場へ行く雪道で車がスリップし田んぼに落ちる!