資格のいろいろ

気象 特集

最短日数で合格するための勉強法というもののが存在する!、この事実をあなたはご存知だったでしょうか?

世の中の資格マニア(?)のような人達はある意味、テクニックだけで大量の資格を取得しているということがこれを観るとよく分かるのです。

この教材を知るまではおそらくはこんなことを考えたこともなかった人、多いのではないでしょうか?(私もそのひとりなのですが^^;)

出題者は何らかの意図を持って問題を作成しているので、その意図を読めば答えの在り処が分かる

ちょっと乱暴かもしれませんが、一言で言えばこのような感じなのです。

問題文の長さでどこに答えが位置するのか・・・
ふたつの答えで迷ったときの選び方・・・
等々、

こういうテクニックを知っているのと知らないのとでは、ハッキリ言って月とスッポンほどの差が点数に出るのではないでしょうか。。

平成の資格王と呼ばれる中村一樹さんの資格取得数は、ほんとうに驚くほどの数なのですよね。400以上の資格を取得することなんて、どんなに頭がよい人でも不可能に思えませんか?

これには当然、試験のテクニックはもちろん、勉強方法も一般人とは違う方法が存在しています。いちいち資格試験のために参考書や問題集を最初から解いてゆく・・なんていうことをやっていたらこれほど大量の資格なんて取れるはずがありません。

達人だけが知っている「法則」のようなものが確実に存在しているのですよ。

資格試験に最短で合格する勉強法というのが存在します。これを知っているのと知らないのとでは兎と亀の差が出てきてしまいます。

スポンサーリンク

気象予報士・資格試験の概要

気象予報士というのは、様々な観測データから総合的に判断し、独自の天気予報を行う気象のスペシャリストです。気象予報士の資格試験には、大気力学、熱力学数値予報などの大学一般教養レベルの数学や物理学が含まれ、学科試験においては7割程度の得点が必要とされています。応用力を問う実技試験もあります。

かなり難しく感じますが、暮らしに密着した天気に関する問題が出題されるので、日常生活で自然に身についた知識が合格の手助けになるでしょう。気象予報士の資格試験は、誰もが合格の可能性を秘めていて、受験資格はありません。年齢、性別、学歴、経験などの制限がなく、誰でも受験できるのがこの資格の魅力です。

学科試験には、予報業務に関する一般知識と予報業務に関する専門知識があり、これは多肢選択式です。実技試験は、文章や図表で解答する記述式となっています。実技試験では、気象概況とその変動の把握、局地的な気象の予想、台風など緊急時における対応などが出題されます。試験の手数料は 11,400円必要です。気象予報士の資格試験は、全国一斉に毎年1回以上行われていて、例年1月下旬と8月下旬の計2回実施されています。

旅行管理者・資格試験の概要

旅行管理者という資格が気になっていて、受験を検討しているという人も多いと思います。そこでこの『旅行管理者(旅行業務取扱管理者)』の『資格試験の概要』について少し記載したいと思います。この資格はいわゆる民間資格ではなく国土交通省が認定する国家資格になります。資格試験は年に一回開催され、いまのところ毎年9月に実施されています。受験料は6,500円となっています。

試験科目については、「旅行業法及びこれに基づく命令」「旅行業約款、運送約款及び宿泊約款、各種約款」「国内旅行実務(運賃計算と標準旅行業約款・各種約款、国内観光地理)」となっています。なお現在、国内旅行実務については前年度合格の場合には翌年の受験科目として免除になります。『旅行管理者(総合旅行業務取扱管理者試験)』については毎年10月に行われ、こちらも受験料は6,500円となっています。

ちなみに、国内旅行業務取扱管理者については国内の業務のみを取り扱う資格であり、総合旅行業務取扱管理者は国内・海外両方を取り扱うことになります。

通関士・資格試験の概要

財務省の管轄である『通関士』という資格に興味を持っているという人も多いでしょう。そこで、この『通関士』の『資格試験の概要』といったものをご紹介したいと思います。

この通関士は受験資格として大卒は求められておらず、年齢や国籍による制限もありません。試験科目は「通関業法」「関税法、関税定率法その他完全に関する法律および外国為替及び外国貿易法」「通関書類の作成容量とその他通関手続きの実務」といったものになります。

試験方式はマークシート方式で行われます。資格試験の概要として重要な点に語学検定試験のように年に複数回実施されているわけではなく、年1回10月の日曜日に開催されるということは注意しておいてください。

また、税関を有している地方公共団体のみが試験実施地となるため受験願書の提出先が「北海道」「新潟」「東京」「宮城」「神奈川」「静岡」「愛知」「大阪」「兵庫」「広島」「福岡」「熊本」「沖縄」に限定されるということは知っておいてください。

なお、資格試験に合格しても、成年被後見人や被保佐人、そして破産後復権していないものは登録することができないということもポイントです。

危険物取扱者・資格試験の概要

スキルアップのための資格取得ということを考えた時に危険物取扱者という資格の取得を考えている人も多いでしょう。そこで、この『危険物取扱者』の『資格試験の概要』について記載したいと思います。この資格があることで石油関連や化学工場での業務が可能になります。試験自体は年に2回行われ、前期と後期にわけて行われています。

この危険物取扱者の受験資格については「乙種」と「丙種」に関しては誰でも受験できるようになっていて「甲種」については「大学等において化学に関する学科等を修めて卒業したもの。」「「大学等において化学に関する授業科目を15単位以上習得したもの」「乙種危険物取扱免状を有する者」「修士、博士の学位を授与された者で、化学に関する事項を専攻したもの」に限られます。

試験方法に関しては、マークシート式が採用されていて試験時間は甲種150分乙種120分丙種75分となっています。受験費用に関しては甲種5,000円乙種3,400円丙種2,700円となっています。

消防設備士・資格試験の概要

スキルアップのための資格取得ということを考えた時に『消防設備士』という資格が気になっているという人も多いでしょう。そこで、この『消防設備士』の『資格試験の概要』について記載したいと思います。

この消防設備士という資格試験は前期・後期とわけて年2回開催されており、分類としては「甲種」「乙種」「甲種または乙種」といったものがあります。受験資格に関しては、「乙種」は誰でも受験することができますが「甲種」に関しては大学卒業や実務経験や他の資格の免状を有する場合に限られているということには注意が必要です。

試験科目は乙種「消防関係法令」「基礎知識」「構造・機能・整備」「実技」となっており、甲種は「工事設備対象設備等の構造・機能・工事・設備」「火災及び防火」「消防関係法令」「基礎知識」「消防用設備等の構造・機能・工事・整備」「実技」といったものになります。受験費用については甲種が5,000円乙種が3,400円となっています。

合格基準に関しては甲種特類が60%以上の獲得で各科目ごと40%以上の獲得。特類以外については実技試験においても60%以上の得点が必要になります。

タイトルとURLをコピーしました