1. TOP
  2. 海外旅行
  3. サマータイムに入り貴重な睡眠時間が一時間消えた~スペインの長い夜

サマータイムに入り貴重な睡眠時間が一時間消えた~スペインの長い夜

 2017/06/14 海外旅行 この記事は約 4 分で読めます。 562 Views
スペイン

今から約20年前のスペインでの体験をお話します。

私は幼い頃から児童合唱団で歌っていました。大人になってからもOBグループに残り、幾つか海外旅行も経験しました。その内の一つ、スイス・スペイン演奏旅行でのお話です。

下は小学校5年生から、上は20代半ばまで、40人の大所帯での旅行でした。若い子がいるのでできるだけ負担の少ない旅程となっているのですが、それでもたまにやむを得ず強行軍になることもあります。

フランスでは長いバス移動の後すぐにリハーサルしなければならなくなり、疲れて気分が悪くなった子供が4~5人、ステージ上、ひな壇の裏に転がって休んでいたこともありましたし、夜遅く始まる演奏会では、眠気のひどい子は目の下にメンソレータムやタイガーバームなどひりひりする軟膏を塗って本番に臨むこともありました。薄暗い教会演奏の中、テラテラ目の下を光らせながら歌う子供を見て、吹き出しそうになったのを思い出します。

今回お話するのは、スイスのルツェルンからスペイン・カタルーニャに移動した日のお話です。

私達一行は夕方スペインに入り、まず宿泊先のユースホステルに向かいました。まだ三月の終わり、ヨーロッパはまだ寒さ厳しい季節です。スイスは決して遠くないものの、時差もあるので、私達は大分疲れていました。普段はホテルのツインルームに泊まることが多いのですが、その晩だけは珍しくユース、しかも30人部屋です。

エレベーターが壊れていたので、大階段を各自えっちらおっちらスーツケースを担いで二階に上がりました。この辺からすでに怪しい雰囲気です。女性32人の内、二人だけツインに泊まれることとなり、じゃんけんで勝った友人二人は笑顔で別室へ向かいました。

30人部屋は、6つのベッドのスペースが5ブロックに分かれて、細い通路でつながっていました。殺風景な病室のような白い壁に簡素な寝台だけの部屋。しばらくすると壁にあるガラス窓を叩く音がしました。カーテンを開けるてみると、すぐ隣がツインの部屋で中が丸見えです。友人二人が笑ってこちらに手を振っています。窓で仕切られているだけで、実質的には32人部屋のようなものでした。

ところがかわいそうなことに、その二人部屋は暖房が壊れていて、友人は一晩中コートを羽織って過ごさねばなりませんでした。モコモコダウンコートを着た友人は「まさに布団コート!」とそれでも笑ってたので大したものです。

トイレは共用で、昔の学校のようなタイルばり。なんだかトイレの花子さんが出てきそうな雰囲気の上、別のフロアには身障者の方も宿泊していたらしく、時折奇声が聞こえてきます。「トイレこわい~」を20歳をとうに過ぎた私と友人も、数年ぶりに手を握り合ってトイレに向かうのでした。

そんなユースホステルで荷ほどきしてから、私達は夜のコンサート本番会場へ向かいました。スペインはとにかく夜が長いのです。その晩も開始は夜の9時でした。なんとかがんばってステージを終え、そこから歓迎の夕食会です。

素晴らしいレストランに招待して頂きましたが、もう夜も11時をまわり、私達は眠くてたまりません。なのに外からは幼い子供達がはしゃぎ回る声が聞こえてきます。シェスタ(昼寝)があるので、まだまだスペイン人は眠くならないようなのです。

でも私達はひどく眠いのです。出される豚のプルーン煮も、細いパスタを煎り付けたフィデオも絶品なのですが、とにかく眠い。しかも一品一品出てくるのが遅いのです。やっと食事が終わり、さあ帰れると思ったら、三色のおしゃれなアイスクリームまで出てきました。もう若い子達はテーブルにつっぷして寝始めています。

そんな中、指揮者の先生が大声で楽し気に私達に告げました。

「皆さん!なんとたった今からサマータイムに入ったそうです!今は12時ではなくて1時なんですって!時計合わせましょう。」

丁度その日から時間が更にずれてしまったのです。ただでさえ眠いのに、私達の貴重な睡眠時間は、自動的にぽこんと1時間失われてしまったのでした。

もうろうとユースに戻ると外は真っ暗。中も変わらずの不思議空間です。私達はそれぞれの仲良し同志で再び手を握り合ってトイレに行き、それからそそくさとベッドにもぐりこんで熟睡したのでした。

次の日は見事な晴天。冴えわたる青空のもと生命豊かな木々があふれています。「いいところだねー」と私達は感動し合いながら、また次の目的地へと元気に出発したのでした。若かった時代の話です。

横浜市にお住まいの40代の主婦の方からいただいた、演奏旅行で訪れたスペインでのエピソードでした。

\ SNSでシェアしよう! /

そらeうみの注目記事を受け取ろう

スペイン

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

そらeうみの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • シャルルドゴール空港のアナウンスで自分の名前が連呼される!~フランス経由でイタリア列車一人旅をした学生時代のハプニング

  • 日本の航空会社ならあり得ないアメリカの航空会社の対応~飛行機の遅延で乗り継ぎができず…!

  • 地獄の沙汰も金次第!カンボジアとエジプトのお布施論争~神や仏の名を騙った言うなれば恐喝行為!

  • ペルーの古都クスコでスリに遭遇した話~一年間の南米旅行でのエピソード

  • 小さな男の子を連れての海外旅行は細心の注意を~シンガポール・セントーサ島での出来事

  • オーストラリア・シドニーのホテルでの保証金の返還に関する金銭トラブル~日本人だと舐められた対応に感じた