スイカの育て方、スイカの栄養分・効能、食べ方などについて

スイカ ライフスタイル

スイカは家庭菜園などで栽培することができ、1株に1個から4個程度実ります。

スポンサーリンク

種まきと苗植え

地植えでの育て方は、3月から4月の春の季節に種まきを行い、土に直接種をまきます。

種まきの際の注意点として、スイカは寒さに弱いため、気温が低い時にはビニールなどを土に被せて寒さを防ぐようにします。

スイカは種まきから育てなくても、ホームセンターや園芸店では苗が売っていますので、苗植えをすることも可能です。

苗を購入する時期は4月になってからが良く、日当たりが良くて風通しの良い場所に植えるようにします。4月になっても寒い日がありますので、温度管理に注意して冷やさないようにすることが大事です。

支柱の設置

広めの家庭菜園では支柱がなくても育てることができますが、狭い場所で育てる場合には支柱を設置します。

支柱を設置すると空中栽培が可能になりますので、狭い家庭菜園でもスイカを育てることができるようになります。

支柱セットは園芸店やホームセンターなどで売っています。収穫期は7月の下旬から9月の上旬にかけてであり、夏の暑い時期に美味しく食べることができます。

スイカの栄養分・効能

スイカに含まれる主な栄養分には、カリウムやリコピン、ベーターカロチンなどがあり、精力剤などにも含有しているシトルリンも豊富です。

カリウムは疲労回復効果や利尿作用があり、夏バテの防止の効能が得られます。体内に蓄積されている老廃物や毒素が尿になって排出されるため、デトックス効果も期待できます。

含有されているリコピンはトマトにも含有されている栄養素であり、活性酸素除去の効能が得られます。

ベーターカロチンも活性酸素を除去する効能がありますが、リコピンはベーターカロチンの約2倍の活性酸素を除去する効能があります。

体内の活性酸素を除去すると健康に良い影響を与え、若返りの効果が期待できます。美容の促進やダイエットにも貢献し、美しい体型の維持に役立ちます。

ベーターカロチンは活性酸素除去の効能や皮膚や粘膜の細胞を正常に保つ働きがあり、免疫力の強化に繋がります。免疫力が高まると病気になりにくくなり、がん予防の効果も期待できます。

目の健康を守ることにも役立ち、ドライアイによる視力低下を防げます。ベーターカロチンは育毛にも役立つ栄養素であり、育毛を促進して薄毛を改善させます。

含有している栄養素のシトルリンはアミノ酸の一種で、血行を促進する働きがあります。血行促進により、認知能力の向上や筋肉の増強などに繋がります。

シトルリンは下半身の血行を良くする働きが優れているため、増大系のサプリメントにも配合されています。

スイカの食べ方

スイカの食べ方はあまり冷やさずにそのまま食べるのが良く、なるべく早く食べるようにします。

冷蔵庫で長時間冷やすと甘みが薄れてきて美味しくなくなりますので、食べる直前に短時間だけ冷蔵庫で冷やすのが美味しく食べるコツです。

キャンプなどでは、川の水で冷やしておくと美味しく食べることができます。

タイトルとURLをコピーしました