暑中見舞いを出す時期と書き方はこのように。もし梅雨明け前や冷夏だったらどうするの?

暑中見舞い イベント・レジャー

年賀状ほどメジャーとは言えないため、暑中見舞いの出す時期が分からないという方も多いでしょう。期限を過ぎて出していては失礼に当たるのではないかと出せずにいる方もいるかもしれません。

一般に、梅雨が明けるころからお盆に入る前くらいが暑中見舞いの出す時期です。暦の上でいけば、二十四節気の一つ・小暑から立秋までです。

ただ、二十四節気はは太陰暦を使用していた時代のもので、その年毎に微妙に変化するという特徴があります。そのため大体これくらいの時期、というだけで現代の暦できちんと定められているわけではないのです。多少時期が早くても失礼には当たりません。

もちろん、暑い中でどのように過ごしているのか様子を伺うためのものなのですから、暑い時期の間に出すようにしましょう。この暑い時期というのは自分が住んでいる場所ではなく相手の住んでいる場所のこととなるので注意してください。

立秋を過ぎて暦の上で秋になってしまうと残暑見舞いとなります。これは秋になったけれどもまだまだ暑い日が続く中、どうしているかという安否や健康伺いのためのものです。こちらは、空気が冷えてきて霧が出始めるという寒さが本格的になる季節・暦の上では白露という時期までに出すものとされています。

普段は自分からは出さないという方も、知人友人から届いた場合には返礼として暑中見舞いや残暑見舞いを出さなければならなくなるため、ある程度の時期は知っておいた方がよいでしょう。

スポンサーリンク

暑中見舞いの書き出しと書き方

ハガキで挨拶するのは年賀状のみという人も少なくありませんが、最も暑さが厳しい時期に相手の健康などを気遣うために送る暑中見舞いを送るのも良いものです。

暑中見舞いの書き出しは、「暑中お見舞い申し上げます」と書きます。この暑中お見舞い申し上げますと書くことで暑中見舞いははがきとなるのです。この場合、拝啓や敬具などの頭語や結語は書く必要はなく、取引先などに出す場合にも頭語や結語は必要ありません。

暑中見舞いはがきの書き方は、まず大きめに暑中お見舞い申し上げますと書きます。続いてお元気におすごしですか、いかがお過ごしですか、など相手の安否を気遣う言葉を書きます。

この言葉は挨拶よりも少し小さく書きます。次に自分の近況を手短かに書きます。自分の近況は書かなくても良いですが、相手に自分の近況を知らせることで楽しい気持ちになってもらえることもあります。

最後は相手の健康を気遣った言葉を書きます。お身体をお大事に、ご自愛下さいなどを書いて相手の健康を気遣います。自愛という言葉を使う場合、自愛には身体を気をつけてくださいという意味があるため、お身体をご自愛下さいとは書かずにどうかご自愛ください、などと書きます。

締めに日付として「平成何年盛夏」と書きます。暑中見舞いでは正確な日付は書きません。

近年はメールなどでやり取りする機会が増えていますが、1年で最も暑さが厳しい真夏に暑中見舞いを出して相手を気遣うということは素敵なことであり、相手も喜んでくれるため、特に親しい間柄であれば気軽に形式にとらわれず書くことも良いことです。

梅雨明け前や冷夏での暑中見舞いの書き方

基本的に暑中見舞いを出す時期は、梅雨明け後、夏の土用の期間となります。立秋前の18~19日間です。

梅雨明け前には送らない方が無難です。しかし、最近のように気候が不順な時には、立秋前に梅雨が明けないなどという場合もあるかもしれません。立秋直前になっても気象庁から梅雨明け宣言が出されなくとも、もし暑いなら出しても良いでしょう。

冷夏の場合は、度合いにもよりますが、様子を見ましょう。あまりにも涼しいなら辞めておいた方が無難です。

さて、書き方ですが、
まず、「暑中お見舞い申し上げます」というような決まり文句を書きます。これは少し大きめな文字にしましょう。

次に、相手の安否を尋ねる言葉や自分の近況を伝える言葉、相手の無事を祈る言葉を書きます。

最後に、日付です。
拝啓などの頭語や、敬具などの結語は必要ありません。

暑中見舞いは、暑い時期に相手を気遣う挨拶ですから、長い文章よりも簡潔なものにしましょう。長い文章は暑苦しさを招きかねません。また、イラスト等を入れる場合も涼しさを感じるようなさわやかなものを取り入れるように心がけましょう。

まとめ 暑中見舞いの由来

年賀状ほどメジャーではないけれど、出している人もいる暑中見舞い。その起源は江戸時代以前にさかのぼります。そしてその由来は年賀状と同じです。昔は1年をお正月・お盆から始まるとしていたため、それぞれの始まりに季節の挨拶をする習慣があったのです。

その当時は近場の方のところには実際にあいさつ回りに行き、里帰りしてご先祖様へもお供え物をしました。遠方の相手の場合は今以上に交通網が発達しておらず、行くのはとても大変だったので飛脚が挨拶状を運んでいたのです。

今は近場・遠方と距離に関係なく郵便を利用してはがきを送るのが一般的となっています。ただ、お盆にご先祖様へのお供え物を持っていくという習慣は残っています。

タイトルとURLをコピーしました