生涯学習と生涯学習センター

金のなる木 特集

生涯学習とは、字のごとく命ある限り学習する事を指します。

不可能に思われるかもしれません。覚える能力が老化により衰えれば、学習はできないと思いがちだからです。ですが、生涯学習は可能です。歳は一切関係ないのです。

重要なのは、やる気です。学習したいという気持ちがあれば、十分です。学習と聞くと、難しい事をイメージしてしまうかもしれません。しかし、学習は身近な存在です。

学校で勉強すること以外にも、ニュースで知ったりテレビに出演している芸能人の名前を知るのだって、学習です。新たな知識を得る事が、学習なのです。その知識を使うかどうかは、関係ありません。

一人だとモチベーションが持たないかもしれないので、同居人や友人の力を借りると、やる気が向上するでしょう。習い事を始めるのも手です。年代・男女問わず関われるきっかけになります。同じ目標を持つ仲間がいると、より生涯学習を楽しめるはずです。難しい事は何もないので、興味がある方は始めてみては。

スポンサーリンク

生涯学習センター

生涯学習センターとは、文字通り生涯学習を行ったりそれを支援するための施設です。47都道府県それぞれに存在し、どのような人でも気軽に訪れることが可能となっています。

そもそも生涯学習とは、ただ単純に一生をかけて学ぶ勉学という意味ではありません。スポーツやボランティア、レクリエーション活動などもここに含まれます。

そのため生涯学習センターでも常に様々な企画や催しが行われ、場所によっては学べるジャンルが100種類以上にもなるところもあるのです。

そして生涯学習センターで学べる多くの事柄は、基本的に無料で参加することができます。中には講義形式のものや実践的なものまでありますが、特別な費用は一切必要ないのです。その代わり一度に生涯学習センターで学べる人の数には限りがありますので、参加したいジャンルが見つかれば早めに予約をするのが理想的と言えます。

また、生涯学習を始めようとしている人たちへの相談窓口も存在します。こちらでは生涯学習をより広く深めていくために専門の相談員からアドバイスがもらえますので、実際に参加する前に訪れるのもいいでしょう。もちろん相談についても無料です。

1回限りで学んでみたい人も、じっくり腰を据えて学びたい人も、生涯学習センターなら低いハードルで始めることができます。どのようなことが学べるかはところによって違いますので、まずは近くの生涯学習センターで内容を確認しておくのが先決です。

どの年代からでも幅広い分野の学習ができるのが、生涯学習センターという施設なのです。

自己啓発とは

自己啓発は、よく聞く言葉だと思いますが、意味がよくわからないと感じている方も多いのではないでしょうか。自己啓発は、本人の意思で自分自身の能力を開発したり、精神的な成長を目指すことです。会社や他人に言われてやるのではなく、自分自身がスキルアップをするために必要なことをすることだと考えられます。特に能力開発や自己実現などのテーマにおいて扱われることが多く、よりよい自分になり何かを成し遂げるために行われます。

まず自己啓発をする時に必要になるのが、なりたいものを明確にすることです。例えば、将来リーダーシップを発揮してチームリーダーを目指すのであれば、人をマネジメントする能力が必要になります。このようになりたいものを明確にすることで必要なことがわかるので、行動に移しやすくなります。また、憧れの人を考えてなぜその人に憧れを抱いているのか考えて、理由を書き出してみましょう。自分に足りないところを見つけることも自己啓発につながります。

タイトルとURLをコピーしました