手荒れの原因~それは毎日の生活の中にあり!!~

ビューティー

「冬になると手荒れが起きてくる」、「ひどくなる」と悩んでいる女性は多いと思います。手荒れは痛いだけでなく見た目も悪くなりますよね。人前で手を出すのが恥ずかしいと思ってしまうことも多々あります。手荒れを少しでも快方に向かわせることに力になれればと思います。

スポンサーリンク

手の皮膚の特徴

手の皮膚は皮脂を分泌する皮脂腺が少ない部位です。乾燥や刺激から守ってくれる皮脂の分泌が体の他の部位にくらべて少ないため乾燥しやすく、刺激により角質層がダメージを受けやすいという特徴があります。

特に空気が乾燥して気温が低い冬は皮膚の新陳代謝が低下して、角質層が厚くなります。角質層が厚くなると皮膚のターンオーバーに時間がかかりいったん手荒れをおこすと治りにくいと言うのも特徴としてあげられます。

手荒れの原因は毎日の生活に潜んでいる

1.炊事:食器用洗剤は食器についた油汚れを取るのと同時に手の皮脂も一緒に洗い流してしまいます。
  冬になると水での食器洗いはつらいからお湯で、ということが当たり前になるとさらに皮脂が洗い流されてしまいます。
2.入浴:シャンプーでは頭皮の皮脂よりも手の皮脂のほうが少ないため頭皮がきれいになった分、手の潤いは失われてしまいます。
  湯船に浸かったあとに身体を洗うと皮脂が余分にとれてしまい乾燥に拍車がかかってしまいます。
3.消毒:冬はインフルエンザなどの感染を予防するためにアルコール消毒がスーパーの入り口に設置されていたり、家庭でも使う人が増えています。アルコール消毒はアルコールの揮発と一緒に肌の水分も失われて乾燥や肌荒れが増長してしまいます。
4.摩擦:パソコンキーボード操作や書類、本などの紙類に多く触れる、衣類を干したり畳んだりなどの指先の摩擦によっても肌の皮脂膜が奪われて手荒れを引き起こしたりします。
5.ゴム手袋:炊事などの水仕事のときにゴム手袋を使うことで洗剤などから肌を守ることができますが、ゴム自体にかぶれをおこすことがあります。

手荒れの進行段階

 初期段階:指先が軽くカサついたりします。

 注意段階:手全体にカサつきが広がって、指紋が消えたり、皮がむけたり、軽いひび割れが見られます。


    指先にひび割れが見られる写真

 進行段階:肌がごわついたり、赤みが目立ったり、ひび割れてところどころ血がにじむ。


    赤みが目立ち、さわるとザラザラして水がしみるようになったときの写真

 重症段階:赤く腫れてかゆみがでてきます。割れて出血したり、痛むこともあります。

 最重段階:水ぶくれができたり、指が曲げにくくなったりします。痛みやかゆみも強くなってきます。

手荒れが治りにくいのはなぜ?

手は一日中いろいろなものを触るので肌を安静にすることが難しいのです。ハンドクリームや塗り薬をつけても食品を触る前や職業上すぐに洗い流してしまう状況になることが多いからです。一日のうち、眠っている間の数時間だけ薬やクリームを塗って、あとの時間は刺激にさらされている状況では治らないのは当然といえるのです。まずは手荒れをおこすまえに予防が大事です。

手荒れの予防

1.洗剤を使うときはゴム手袋をはめる:少ない洗い物(コップ一個など)でもゴム手袋をはめて洗剤が肌に触れるのを防ぎます。ゴム自体にかぶれをおこす人はワンサイズ大きめのゴム手袋を選んで、その下に綿の手袋をはめます。ゴム手袋だと感触が鈍くなって汚れが落ちているかわからないから使いたくないという人は医療用手袋が薄くて使いやすいです。素材も天然ゴム、合成ゴム、プラスチックなどの種類があります。

2.手を洗いすぎない:理美容師や医療従事者、調理師など仕事上、手を洗わないということは難しいと思いますがプライベートではできるだけ手を洗う回数を減らします。潔癖症で何かに触った後すぐに手洗いやアルコール消毒をしないと気がすまないという人がいまが、洗いすぎなどで手荒れをおこすと皮膚は不衛生になります。なぜなら洗いすぎて手荒れをおこした皮膚は健康な状態と比べて数十倍~数百倍の菌が増殖すると言われています。洗う回数を減らして手荒れを治したほうが衛生的です。

3.ハンドソープは使わない:ハンドソープ、中でも除菌のものは刺激になるので控えましょう。普通の石鹸でも十分除菌になります。3分以上水道水で流すだけで80%以上の菌が落ちると言われています。

4.手がぬれたらすぐ拭く:濡れたまま長時間おくこと水分の蒸発とともに皮脂の水分も一緒に蒸発してしまい手荒れの原因になります。炊事をするときはこまめの手を拭くようにします。

5.ハンドクリームを塗る:水仕事の後や寝る前にはかならずハンドクリームを塗るようにします。ハンドクリームの選び方で手荒れの予防は治りは違いが出ます。

ハンドクリームの塗り方

1.ハンドクリームを片方の手のひらに取って、手のひら同士をすり合わせる。
2.右手で左手の小指側をつかんで手首側から指先に向かって塗り広げる。
3.次に親指側をつかんで手首側から指先に向かって塗り広げる。
4.反対の手も同じように塗り広げる。
5.最後に指先の爪のまわり揉み込むように一本一本ていねいに塗っていく。甘皮の部分が荒れると変形した爪が生えるので爪周りは特にていねいに塗りましょう。

手荒れを治す方法

1.手荒れの症状に応じた外用薬やハンドクリームを塗る。
 肌に赤みやブツブツがある:尿素配合のクリームや白色ワセリンがいいです。肌を保護して保湿もされます。
 肌の赤みが強く、痒みがある:炎症を起こしている可能性があります。この場合はステロイド剤(副腎ホルモン剤)がふくまれた軟膏が適しています。
 肌に亀裂や出血がある:キズに細菌がつく可能性があります。抗生物質とステロイド剤がふくまれた軟膏が適しています。

ステロイド剤や抗生物質をふくんだ軟膏を使用する場合は皮膚科医に処方してもらったほうがよいです。自己判断で選んでぬると悪化する場合があります。例えば、爪の周りが赤くなるものでカンジダ性爪囲炎という病気があって、ステロイド剤をぬると悪化します。

2.外用薬やハンドクリームはこまめにぬる。
 手に何かをぬるというのは簡単なようで、けっこう難しいものです。日中は少量ずつ回数を増やしてつけるという意識をもちましょう。就寝前は日中よりは多めにつけて休みましょう。外用薬は皮膚科医から指示されたものは量・回数を正しく守りましょう。

面倒でも続けることで健康な状態にもどるまでがんばってください。

手荒れがひどくなると爪が変形する

爪は皮膚の角質が変化してできたもので、ケラチンタンパク質でできています。冬場には爪も乾燥しやすく、洗剤などでいたみます。

爪の付け根の部分の皮膚が荒れると爪の再生に影響を与えてデコボコに変形したり、横に線が入ったような爪が生えてくることがあります。これは、手荒れを解消すると正常な爪に生まれ変わります。

コメント

  1. Brianweejzpmbyh より:

    whtscxurqlpz miami criminal case search
    case.net missouri litigant search [url=http://marylandjudiciarycasesearchs.com/]wis simple case search[/url] broward clerk of court case search henderson municipal court case search

  2. ukgcdrjzzwcd より:

    aiwnnjdzrouu superior court los angeles case search
    case search az [url=http://marylandjudiciarycasesearchs.com/]maryland judiciary case search[/url] case law search engine lasc case search

  3. This website definitely has all the information I wanted about this subjectand didn’t know who to ask.

  4. Erminia Tag より:

    Did you understand these truths on CBD OIL and Full Spectrum CBD Hemp Oil? Cannabinoids are separated from hemp using supercritical CO2 extraction. Thanks to modern technology, the resulting service is tidy, devoid of heavy metals and unnecessary waxes, naturally present in the plant, and the drawn liquid has a normal, oily consistency. CBD oil consists of cannabidiol as a base ingredient and might contain just trace amounts of tetrahydroxycannabidiol (THC). Works as a memory enhancer, improving concentration and coordination of motions, removing inflammation and recurrent infections. It enhances the conduction of stimuli in the course of autoimmune illness (several sclerosis, amyotrophic sclerosis). It is recommended by doctors and pharmacists as an antioxidant and substance that blocks the action of proinflammatory cytokines (proteins), e.g. in Crohn’s disease or ulcerative intestine. RSO oil has a low CBD content, while high THC. Obviously, the crucial task of RSO is to trigger a psychedelic result, although it can also promote «ill» brain structures. It deserves understanding that supplementation of this type is mainly utilized by individuals to whom standard treatment does not bring relief in disease. The synergistic (enhancing) action of CBD and THC relative to each other is utilized here. When utilized individually, both cannabinoids can do much more together than. In addition, they collectively promote the division of inactive nerve cells, nurture the fatty envelope of the nerves, and avoid myelin inflammation that triggers loss of function in some autoimmune diseases. There are likewise stories where cannabis in its natural form softened spasticity, minimized the frequency of convulsions and seizures, and reduced unpleasant scrapie in Parkinson’s illness. This is where the idea of getting RSO, meant just for chronically ill people, come from . Both cannabis oil type CBD and RSO likewise include other cannabinoids, such as cannabichromene (CBC) and cannabigerol (CBG). The secret is not, nevertheless, that CBD typically has a structure expanded to include flavones, flavonoids, terpenes, terpenoids, amino acids and omega acids. The distinction is mainly due to intentions directing mankind to utilize one or the other item. CBD medical cannabis oil is a rather advantageous blend of cannabinoids, created to safeguard versus 21st century disease. It’s best to use all of these compounds together, as nature produced them and enclosed in marijuana inflorescences. Oil of marijuana in a sort of pastime APR contains percentages of CBD, stabilized by the presence of THC. Producers focus on the synergistic impact of one substance relative to the other, while deserting the presence of CBC and CBG. Why such a decision? – Modern scientific research reveals that CBD + THC manage serious autoimmune illness, while CBC or CBG show very little activity in the existence of both substances, much like flavonoids, terpenes or flavones, for that reason their content in the solution appears to be unnecessary. In addition, the marijuana strain from which THC and CBD are obtained consist of negligible amounts of other cannabinoids. RSO oil is entirely illegal in Poland, which is why it can not be obtained in any lawfully operating shop on the market. Obviously, there are a variety of amateur approaches for getting it, however it’s great to know that compounds gotten artificially in house labs doubt, untested, and the result unknown. The solvent for the production of family RSO is normally gas, alcohol and even kerosene, which instead of treating, toxin. Alcohols and their like impair cannabinoids, and so in truth, they don’t bring anything new to the medical world. Marijuana oil has already marked a new period in which male stopped to fear what is unidentified, and began to find what our ancestors had actually currently discovered and utilize the significant potential, initially glance, a little bizarre relationships, associated primarily with pathology. Medical cannabis, contrary to its name, does not mean fermented female inflorescences and leaves containing psychedelic substances coiled in so-called «Joints», but a helpful oil without psychoactive THC. A basic person, after taking doses of medicinal cannabis and attaining the suitable state of cannabinoids in the blood, can delight in increased resistance, reduced susceptibility to cancer, delayed aging and minimized danger of stroke or heart attack. CBD oil contains cannabidiol as a base ingredient and may contain just trace amounts of tetrahydroxycannabidiol (THC). RSO oil has a low CBD content, while high THC. Both cannabis oil type CBD and RSO also contain other cannabinoids, such as cannabichromene (CBC) and cannabigerol (CBG). CBD medical marijuana oil is a rather advantageous blend of cannabinoids, designed to secure versus 21st century illness. Oil of cannabis in a kind of pastime APR includes small quantities of CBD, balanced by the presence of THC.

タイトルとURLをコピーしました