1. TOP
  2. 海外旅行
  3. ソンクラーンって何!?かなり怖い思いをしたタイ・サムイ島への女2人の海外旅行

ソンクラーンって何!?かなり怖い思いをしたタイ・サムイ島への女2人の海外旅行

 2017/08/10 海外旅行 この記事は約 5 分で読めます。 658 Views
タイ-ソンクラーン

私は海外旅行が大好きです。今は子供が二人いるので、海外旅行といっても家族旅行という形で、リゾート地でゆっくりという感じや、テーマパーク系に行って楽しく過ごすという感じの海外旅行へ出かけています。

今回の話は今からちょうど12年前の話です。私が結婚して1年経った頃でしょうか。

まだ当時は子供もおらず主人と二人の生活でした。私は4月が誕生日なのですが、私の幼馴染で4月生まれの友人がおり、その友人と一緒に海外旅行へ行って、お互いの誕生日をお祝いしようという話になりました。

主人を置いていくのも申し訳ないと思いましたが、子供が生まれたらもうこのような事も当分できないだろうと思い、主人に了解を得て私は友人と女二人海外旅行へ行くことを決めました。

女2人の海外旅行の目的地はタイに決定

旅の目的地は何処がいいかな。と友人と話していたら、友人より「象に乗りたい」と言う希望があり、象といえばタイだよね。という話になり、タイへ行くことにしました。

友人が以前タイのプーケットへ行ったことがあるというので、今回はサムイ島とバンコクという二箇所に行く贅沢なツアーに参加。私も友人もとても楽しみにしていました。

タイ旅行の当日になり、友人と空港で待ち合わせ。飛行機も順調に飛び、機内は比較的空いていたのでゆっくり映画を見ながらタイのバンコクに到着。そして国内線に乗り換えてサムイ島へ。バンコクからサムイ島は比較的時間もかからず着いた記憶があります。

さすがサムイ島、空港もすごく小さくて、ここは本当に空港かと思うほどの大きさでした。しかし、何故か人々の様子がざわざわしている。何だろうと思いながらも迎えの添乗員さんを待ち車に乗った時のことです。

車の窓に向かってサムイ島の現地の人々と思われる若者たちが、すっごく嬉しそうでハイテンションで、バケツの水をぶっかけてきたのです。

ソンクラーンって何?

私も友人も目が点になりました。

そしてビックリして添乗員さんに「何ですか?何が起こっているんですか?」と聞くと、添乗員さんは「え?明日からソンクラーンなので皆前日からテンションが上がっているんですよ」と。

私たちは「え?ソンクラーンって何?一体今は何が起きているの?」という少々恐怖を感じ始めました。

サムイ島に到着して10分も経っていないのにこの恐怖って。

そして車が走り出してホテルに向かう間も、そこらじゅうにバケツを持って水をぶっかけている人や、巨大な水てっぽうを持って楽しそうに打ち合っている人や、面倒くさいのかホースを手に持ち水をそこらじゅうにぶっかけている人や。

とにかく外はお祭り騒ぎを超え恐ろしい状態になっていました。

ホテルに着きロビーに行く間に、私たちは水浸しになりカバンの中にある、デジカメとパスポートだけは濡れないで、と両手で抱えて走って行きました。

ホテルについてまさかの水浸しで部屋に入り、お互いに水浸しのヨレヨレの姿を見て友人と可笑しくなって笑った記憶があります。

その後買い物に行こうと外に出たら、外に出た瞬間、現地の若者や子供たちが、ケラケラ笑いながら水をぶっかけまくってきました。

もうこちらもハイテンションになってきて、濡れてもなんとも思わなくなっていました。

旅行先の国のことを下調べしておくことが大切ですね

しかし一つだけ回避する方法を見つけたのです。

それは道行く僧侶の人たちには水をかけないという事実を発見。やはり僧侶に対しての敬意を持っているのだなと感じました。

私たちのような外国人旅行者で濡れたくない人たちは、僧侶を見つけると、さっと僧侶の近くを歩き水から免れようとしているのを見かけ、私たちも真似していました。

あとは白いお粉のようなものを、水で溶かしたものをべたっと付けてきた人たちも沢山いました。

これもなかなか凄かったです。気がついたら私の頭はお粉で白髪になっていました。

そして一番恐ろしいと思ったことは、警察官が沢山見回りをしていたのですが、みんな拳銃にビニール袋を巻いていたこと。相当な水の量を掛けられてしまうので、拳銃が壊れてしまうので、この時期は警察官は拳銃にビニール袋を被せているそうです。

添乗員さんに聞いたのですが、このソンクラーンの時期は断トツ交通事故や事件が起こるそうです。納得です。

何とか無事に日本の自宅に帰ってきましたが、私の中で忘れられない旅の一つとして心に残っています。

海外旅行へ行く前はきちんとその国の事を下調べして行くべきだと改めて思いました。

愛知県にお住まいの37歳の女性の方からいただいた、12年前にタイへ旅行したのがソンクラーンに当たってしまったエピソードでした。

ソンクラーンって楽しそうですね^^いきなり知らない人に水をぶっかけるって日本じゃできないですよ絶対!私なら負けずに水をかけまくって、日頃のストレス解消しちゃうなぁ。外国のお祭りに参加してみたい!ちょっと怖いけどね!

\ SNSでシェアしよう! /

そらeうみの注目記事を受け取ろう

タイ-ソンクラーン

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

そらeうみの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • JCBの新婚旅行用のパックツアーでラスベガス・カナダを旅した思い出

  • エジプトでは信号を守らないのは当たり前~中東の交通事情は「赤信号みんなで渡れば怖くない」

  • 命の次に大切なパスポートの盗難に遭う~インド旅行でのトラブル~

  • ごった返すメルボルンの朝のマーケットでありったけのお金をスリに盗られる!オーストラリア語学留学の最後の想い出づくりが台無しに・・・

  • 【怪しい激安航空券サイトの見分け方】ネットで購入した激安航空券で大失敗したオーストラリアへの一人旅の経験から!

  • 恐怖を感じたアメリカの空港での体験