海外旅行を楽しく過ごすために準備しておきたいお役立ちグッズ

海外旅行

最近では、格安旅行会社のおかげで、ますます海外旅行を楽しむ人が増えています。日本とは違った文化の国を旅するのは、さまざまな刺激を受けられる魅力あふれるものだといえるでしょう。

そんな海外旅行は、できれば身軽に行くのがおすすめです。もちろん、親しい人にあげるお土産選びも旅の楽しさの一つに違いないので、帰りには荷物が増えてしまうのは致し方ありません。

でも、ちょっと工夫すれば身軽な旅行が可能です。荷物まとめも楽な上に、何よりも移動が楽というのは楽しい旅に欠かせないことです。荷物が多ければそれだけて体力が奪われてしまうからです。

スポンサーリンク

たくさんの荷物で苦労しないためのグッズ

荷物を少なくするのには、持っていくと便利なものがいくつかあります。

衣類専用の圧縮袋

まず一つは、衣類専用の圧縮袋です。100円ショップでも購入できるのですが、3通りくらいの大きさを一通りそろえておくと良いでしょう。

衣類の大きさなどに合わせて上手に使い分ければ、荷物の量を効率的に減らすことが可能です。

圧縮袋は、特にコインランドリーなどがないホテルを泊まり歩く際には重宝します。帰国するまで着ない衣類は、圧縮袋でぺちゃんこに潰してしまえばよいというわけです。

サブバッグ

また、スーツケースの持ち手に取り付けられるバッグも持っていくと便利なものの一つです。

しかし、使うのは主に最終日となるはずです。このサブバッグは、かさばるお土産を入れるのに最適だからです。

理想は帰国する日に空港で買うのが一番ですが、料金が高めであることから街中で買うという人も多いのではないでしょうか。

そんな時にも、このサブバッグがあれば、簡単に持ち手に取り付けられるのでスーツケースのコロコロが荷物の重さを激減してくれるはずです。

このサブバッグを使うのは最終日となるわけですが、それまでの旅行期間もスーツケースの上のスペースを遊ばせておくのはもったいないというものです。

旅に出る時にはショルダーバッグが欠かせませんが、ガイドブッグやパスポートなど、荷物をたくさん詰め込んだショルダーバッグをいつも肩にかけているのは体に相当な負担がかかってしまいます。

荷物の取り付けベルト

そこで持っていくと便利なものが、荷物の取り付けベルトです。

これはただのベルトではありません。ベルトの両端にはリング状のゴムがが取り付けられているという特殊な形状をしています。

取り付け方は簡単です。スーツケースの持ち手にゴム状のリングを取り付けたら、リングにつながったベルトをスーツケースの前面に垂らします。

そして、ショルダーバッグをベルトの上に置き、ベルトをくるりと回してバッグの持ち手に通し、最後に再びスーツケースの持ち手にもう片端のゴム状リングを取り付ければ完成です。

これで、いかにスーツケースを引っ張りまわそうともショルダーバッグが落ちてしまう心配はありません。もちろん、スリに合う可能性の高い海外旅行においては大活躍してくれること間違いなしです。

多少よそ見をしようとも、スーツケースの持ち手を握ってさえいれば、誰もショルダーバッグを盗ろうとは思わないでしょう。これは本当に重宝するおすすめの逸品です。

機内を快適に過ごすためのグッズ

そして、海外旅行というと、飛行機に長時間乗ることが避けられません。ファーストクラスに乗れる身分の方はすべてが用意されていて後は楽しいひと時を過ごすだけとなりますが、残念ながら座席はエコノミークラスという人は、機内を快適に過ごすためのグッズが必要不可欠です。

まずは、腰と首のくびれにフィットさせるクッションがあると良いでしょう。もちろん、そのままの形状であれば持ち運ぶ時にかさばるだけなので、空気を入れて膨らませるタイプがベストです。

また、エコノミークラスの場合は足のむくみが尋常ではなくなります。そこで是非持っていきたいのがフットレストです。フットレストももちろん、空気を入れて膨らませるタイプがベストですが、これは比較的頑丈に作られているものがおすすめです。足をどっかりと乗せても安心できるものが良いので、多少かさばっても少し立派なものを用意すると良いでしょう。

靴は脱いでしまって、フットレストの上はスリッパもはかずにいるのがおすすめです。高さを変えれるタイプのものならさらに足が楽になります。少し高めにすれば膝が90度以下に曲がり、腰も屈曲できたりと体勢に変化を付けられます。飽きればフットレストはよけてしまえば、また違う体勢でしばらくはしのげるはずです。

まとめ


いずれも、トラベル用品売り場に行けばさまざまなグッズが売られているので、旅行前にじっくりチェックしにいくのがおすすめです。

海外旅行はあれこれと荷物が増えてしまいがちですが、厳選して本当に自分に必要なものだけを持っていくことがコツです。つまり、荷物は少な目にでき、機内は快適に過ごせるようなグッズを持っていくと良いのではないでしょうか。

荷物が少なければ、帰国した後の荷物整理も短時間で済ませられ、スムーズに日常生活に戻れるというものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました