1. TOP
  2. 旅行に持っていくと便利なもの・グッズ【旅先で後悔しても後の祭り!】

旅行に持っていくと便利なもの・グッズ【旅先で後悔しても後の祭り!】

 2017/03/02 国内旅行 この記事は約 5 分で読めます。 3,254 Views

日頃、仕事、私生活で忙しい方も、たまには息抜きしたいものです。

ゆっくりと休みたい、ストレス解消のための気分転換がしたいと考えるならば、旅行をするというのもいいものです。

気ままな一人旅、もしくは友人達と楽しく思い出作りのために、または家族と一緒に楽しいひとときを過ごすために旅行というのもいいかもしれません。

しかし、旅行となるといろいろと準備するのも大変です。

日帰りならばそれほど荷物は多くなりませんが、何泊かする旅行の場合には、着替えやそのほかにも必要なものをそろえなければならず、旅行前は何が必要だろうかとちょっとバタバタしてしまう方もいるでしょう。

そして旅行の予約、交通手段などいろいろと調べたり予約したり、現地でどのように観光地をめぐろうかなど、いろいろと計画も練らなければなりません。

せっかくならば、いい思い出になるような旅にしたいものですね。

また、旅をするには便利なグッズなどもあるため、必ずしも必要になるとは限りませんが、持って行くと何かあったときに重宝します。

スポンサードリンク

腕時計

まず持っていくと便利なものとしては、腕時計です。近年では、スマートフォンが普及しており、スマートフォンをチェックすれば時間なんて簡単にわかるじゃないかと思う方もいるでしょうが、旅先では、必ずしも充電できる場所が近くにあるとは限りません。

途中で充電が切れてしまったら、その時点でインターネットなどからの情報をチェックすることもできず、また、周囲にお店などもなければ、時間などを確認するすべがなくなってしまいます。そのような時に、腕時計があれば時間だけでもきちんと確認が取れるため、安心です。

ポーチ、バッグ

旅先では小さめのポーチ、バッグなどを持っていくと便利です。着替えやそのほかにも必要なものを入れるかばんはそれなりに大きいでしょうが、それは、宿泊先においていろいろと散策したり、お土産を買ったりとさまざまな行動をとることもあるでしょう。

また、ちょっと喉がかわいたから飲料を購入したり、気になるお菓子、その土地ならではの食べ物などを食べたり、購入し持ち帰ったりするために、少し小物が入るようなポーチやバッグがあれば、行動中、何か買ったりした場合には、入れておくことができます。

そのため、ちょっとした小物なら入るようなポーチ、バッグを持っていくといいでしょう。

マスク

次はマスクです。季節などにもよりますが、風邪などが流行する時期もあります。

観光地などでは多くの人が訪れます。そのためいろいろな方とすれ違うことにもなるでしょう。人が大勢集まる場所において、ウィルスなどをうつされてしまう可能性も上がります。そのため、予防のためにもマスクなども持っていくといいでしょう。

ビニール袋

ビニール袋、スーパーでもらうような商品を買ったときにもらう袋などをいくつか持っていくといいでしょう。いろいろと便利に利用することができます。

衣類など旅先で着替えたりした場合、着ていた衣類をビニール袋に入れておいたり、汚れたものを処分する時にも利用できます。

また、荷物を置く場合、地面に直接置くことに抵抗がある場合などもビニール袋を利用することで、シート代わりにもなるでしょう。

さまざまな用途で用いることができるため、ビニール袋も何枚か持って行きましょう。

スポンサードリンク

爪切り

特に男性の方が忘れがちなのが爪切りです。

旅行が一泊や二泊の短期間であるのなら問題はないかもしれませんが、それ以上になるとあっという間に爪が伸びてしまいます。

普段使っているよりも小さなものでもかまわないので旅行バックには入れておきましょう。

ムダ毛処理用品

女性の場合などは、ムダ毛などを処理するためのものを持っていくというのもいいでしょう。

一泊程度ならば、事前に処理しておくことでも対応できますが、何泊かするとムダ毛が目立ってきてしまうこともあります。

そのような状態では周囲から肌を見られてしまうとちょっと恥ずかしいと感じてしまう方もいるでしょう。そのようなことにならないために、ムダ毛処理用品などを持っていきましょう。

絆創膏

旅行の期間が短くても長くても持って行きたいのが絆創膏。

箱から出して日数×2枚を持って行くことをお勧めします。例えば4泊5日の旅行だと、5日×2枚で10枚。
10枚でも、ほとんどスペースを取ることもなく重量も全く気になりません。

擦り傷や切り傷の時はもちろん、旅先で思った以上に歩いて靴擦れをしてしまった時、虫に刺されてつい掻いてしまい血が出た時、絆創膏が必要なシーンは意外とあるものです。

自分のために持って行くのが基本の便利グッツですが、一緒に旅行を楽しむ友達や家族そして仲間にも喜ばれるのが最良ではないでしょうか。
みんなが持っていそうで、持っていない絆創膏はいざという時みんなに喜ばれること間違いなしです。

余談ですが、絆創膏は地方によって呼び方も様々。

私は北海道出身ですが、北海道では絆創膏とは言わず「サビオ」と言っていました。

以前会社の社員旅行で、誰かが「カットバンもってない?」と言ったのをかわきりに、絆創膏の呼び名で盛り上がり随分とみんなでうち解け合う事ができました。

旅先で話題を欠いたときに絆創膏の呼び名を話題にしてみてはいかがですか。

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

そらeうみの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

そらeうみの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 京都へ観光や出張で訪れたらぜひ食べてみたいオススメ郷土料理、名物料理

  • 不幸の女神がほほ笑む最悪な旅行体験記~伊豆・熱川温泉への1泊2日の旅

  • 伊良湖ビューホテル、岬、フェリー、シーパーク&スパなど伊良湖観光について

  • 離島あるある?台風直撃で屋久島に閉じ込められた体験談

  • お正月に三重県の有名格安温泉旅館で遭遇したトラブル体験談

  • 札幌・北海道のはずれないお土産を探しているならコレはどうですか?