1. TOP
  2. 海外旅行
  3. セブ島の魅力とセブ島旅行に持っていくと便利なもの

セブ島の魅力とセブ島旅行に持っていくと便利なもの

 2017/03/12 海外旅行 この記事は約 4 分で読めます。 940 Views
セブ島

フィリピン中部のビサヤ諸島にある美しいセブ島は人気のリゾート地。美しい白砂の浜辺に寝そべり、地平線まで広がる真っ青な海を見ているだけでも、日本から離れて良かったと心から思えることでしょう。年間の平均気温が26度から27度という温暖な気候に恵まれているのも魅力的ですね。

そのため一年を通して海水浴やダイビングなどのマリンアクティビティーが楽しめる国です。この温暖な気候と物価の安さが気に入りロングステイされる方も多いです。また海だけでなく一歩街を出れば豊かな自然が残っています。ゴルフやトレッキング小旅行等を楽しむことができます。

さらにセブ島は成田空港・関西国際空港・セントレア空港から直行便で約4時間と飛行機の時間が長くないので行きやすいです。またフィリピンはアジア唯一の英語圏なので英語が通じる場所が多いです。英語が苦手な方でもある程度の単語を知っていれば楽しむことができます。

親日国であり日本人に対して優しい方が多いのでロングステイする方は友人を作ることも可能です。物価も比較的安く買い物や食事、旅行とお財布に優しいのも魅力です。

ビザの条件が易しい所も魅力のひとつでノービザで入国した場合にも現地で簡単に延長することができます。リタイヤメントビザの条件も低いです。
セブ島

セブ島旅行に持っていくと便利なもの

初めてセブ島へ旅行する際には何を持っていけばいいか悩む方も多いのではないでしょうか。

まずパスポート・お金は絶対に必要です。空港でパスポートがないことに気付いて飛行機に間に合わなく待ってしまうと楽しい旅行が台無しになってしまうので家を出る前にパスポートを忘れていないか必ずチェックしておきましょう。

持っていくと便利なものは旅の英会話のような本です。フィリピンの言語はタガログ語ですが英語が広く共通語として使われておりアメリカ・イギリスに次いで世界で3番目に英語を話す人口が多い国なので、旅の英会話のような本を一冊持っておくと何かあった時に安心です。

またセブ島の電圧は220Vです。日本の家電製品の充電器などは100Vから240V対応のものがありますが持っているものが220Vに対応していない場合は変圧器が必要です。ホテルによってはコンセントが100Vに対応している所もあるのですが対応しているかどうかわからない場合には変圧器を持っていると安心です。
セブ島
さらにセブ島のホテルでは有料または無料でWi-Fiを利用できる所が多いです。しかし時間帯によっては繋がりにくくなったりすることもありますので、仕事で重たいデータを頻繁にやり取りしなければならない場合などはポケットWi-Fi等を日本から持って行った方が良いでしょう。

そしてビーチリゾートなので着替えや水着、日焼け止め等のスキンケア用品、ビーチサンダルなども用意しておくと便利です。

しかし衣料品やスキンケア用品などビーチに必要なものは現地でも調達することができますので忘れた場合にもすぐに購入することができます。

薬なども現地で調達することができるのですが日本のものと成分が違い日本人には強く作用する場合があります。そのため下痢止めや胃薬、常備薬は日本から持って行った方が良いです。

他にもトイレットペーパーや懐中電灯、筆記用具なども持っていくと便利です。

空港や飲食店のトイレなどにトイレットペーパーがついていない場合があります。そのため1ロールで良いので持参しておくと安心です。またフィリピンでは台風などが原因で停電が起こる場合があります。1時間以上の停電が起こる場合もありますので非常用として小さな懐中電灯があると便利です。

そして以外にも必要になるのが筆記用具です。フィリピンでは0.38㎜などの細いボールペンが手に入りにくいので持っていっておいた方が良いです。必要なもの以外にも持っていくと便利なものを用意しておくことでセブ島をより楽しむことができます。

セブ島

\ SNSでシェアしよう! /

そらeうみの注目記事を受け取ろう

セブ島

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

そらeうみの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • シャルルドゴール空港のアナウンスで自分の名前が連呼される!~フランス経由でイタリア列車一人旅をした学生時代のハプニング

  • 小さな男の子を連れての海外旅行は細心の注意を~シンガポール・セントーサ島での出来事

  • シンガポール旅行で持っていくと重宝する便利なグッズは?~快適な旅を楽しむために~

  • 現代の桃源郷は悪路を超えて~パキスタン北部のフンザ渓谷

  • ボリビアのウユニ塩湖の鏡張りを体験して浮かれ気分で屋台の玉子のローカルフードを食べて食中毒になった話

  • バリ島旅行に持っていくと便利なもの