テレビのリモコンの仕組み 隣の部屋に同じテレビがあった場合なぜ誤動作しないのか、などのリモコンあるある

テレビのリモコン 特集

近年では、家の中に複数台のテレビが置いてあることが多くなりました。

場合によっては同じ機種のテレビが複数台置いてある場合もあります。

テレビは家だけに限らず、あらゆる施設に設置してあります。
会社の職場であったり、病院であったり、店舗であったりと様々な場所で見かけます。

それらのテレビの中には、同じ機種のものが並べて置いてあったりするケースもあります。

家にしても公共の場所などにしても、同じ機種のテレビが複数台設置してあっても、
ひとつのテレビリモコンを操作するとひとつのテレビにしか反応しません。

例えば、隣の部屋に同じ機種のテレビがあったとしても、
リモコンを操作しても隣の部屋のテレビが反応することは無く、誤作動を起こしません。

スポンサーリンク

テレビリモコンの周波数

同じ機種のテレビが接近して設置してある場合に誤作動が起こらない要因としましては、
テレビリモコンの周波数がポイントとなります。

リモコンは電波でテレビに命令を送ります。
その電波をテレビが受信して、リモコンが命令した内容の動作を行います。

リモコンから発せられる電波は文字の通り波動です。波動には周波数があります。

受信側と送信側の周波数が合致したとき、動作は行われます。
分かりやすく例えるなら、ラジコンです。

同じ機種のラジコンを複数台走らせてレースを楽しむ場合があります。
そのときに、ラジコンをコントロールするプロポと呼ばれるリモコンを操作しても、
自分のラジコンにしか反応しません。

自分のプロポから他のラジコンを操作することは出来ないのです。
それは、ラジコン、プロポを他のラジコン、プロポと異なる周波数に設定しているからです。
少しでも周波数が異なれば、その機器は反応することはありません。

周波数が一致することは

このラジコンの場合と同様に、テレビも機種が同じであったとしても、
それぞれ周波数を微妙に変えているのです。
送信側のリモコンと受信側のテレビの周波数が一致してこそ、
リモコンでテレビを操作することが出来るのです。

ですから、隣の部屋に同じ機種のテレビが置いてあったとしても、
自分が持っているリモコンと隣の部屋のテレビの周波数が一致しないので、
操作することは出来ないのです。

ですから、誤作動が起こるということはありません。
誤作動がもし起こるとするなら、自分のリモコンと隣の部屋のテレビの周波数が一致しているということです。
そのような事はあり得ません。

テレビやリモコンが使用できる周波数帯は限られていますが、
それでも小刻みに周波数を変えていけば問題のない話です。
また、電波は直進すると同時に反射もします。
部屋を閉め切った状態なら、電波が外部に漏れるということはあまりありません。

このように、テレビとリモコンは電波で繋がっており、
周波数が一致した場合に限り操作できるようになっています。
同じ機種を複数台設置することも想定し、メーカー側は周波数を変更して販売していますので、
隣の部屋に同じ機種のテレビが置いてあっても誤作動をしないのです。

タイトルとURLをコピーしました