運転免許の違反と点数、免停、取り消し、点数のリセットなどの説明

運転免許証 特集

運転免許を持っていて、違反などをすると点数を課せられることになります。

減点などと言われていますが、持ち点から引かれていく減点方式ではなく、0から点数が加算されるか店方式となっています。

そのため、違反をするごとに増えていきます。その加点の合計が一定以上になると、免許停止や免許取り消しなどになります。

違反には軽微なものから大きなものまであり、加点される数も違います。

無灯火や合図不履行などは軽微なものであり、加点も1点です。

しかし、通行禁止や追い越しなどでは2点の加点であり、一番高いものは酒酔い運転や麻薬等運転で35点になります。

そして、運転免許を持っているときに心配になるものが、点数による免許停止や免許取り消しになります。

スポンサーリンク

免許停止

免許停止は6点から14点までで、6点であれば30日間の免許停止、14点であれば90日間の免許停止になります。

また、免許取り消しは15点以上となっているので気をつけなければいけません。

その際に注意することが、点数は過去3年間に起こした違反の合算となることです。

過去3年間で5点あった場合、1点でも加算されてしまうと免許停止になってしまいます。

そのため、日ごろから運転をする際には周りに注意をして、違反をしないように慎重に行うことが大切です。

免許停止の解除

30日も免許停止されてしまうと、車の運転をしなければいけない人は死活問題にもなりかねません。それの救済措置として、違反者講習があります。この講習は、受講することにより30日間の免許停止が解除され、累積店も0点になります。処分前歴も残らないので、受けることができるのなら講習を受けた方がいいです。

6点になると公安委員会から講習の通知書が交付され、受け取った翌日から受けることができるので、できるだけ早めに講習を受けて免許停止を免除してもらうようにしましょう。

この、免許停止や免許取り消しの処分点は前歴によっても変わってくるため、注意が必要です。

前歴がないのであれば6点で免許停止、15点で免許取り消しですが前歴の回数によって条件が厳しくなります。

1回の前歴があれば停止は4点で60日、取り消しは10点からとなります。

この前歴が増えることにより、2点で停止になったり4点で取り消しになったりするので、前歴はない方がいいです。

しかし、酒酔い運転などでは前歴がなくても一発で取り消しになるので、決してお酒を飲んで車を運転してはいけません。

加点されても1年間無事故などで過ごしていれば、ゼロ点にリセットされます。何度も事故などを起こして加点されている場合、その時点で何点なのかわからないこともあります。

もし不安であれば、累積点数等証明書を発行してもらうことで確認することができます。これを発行してもらうには、警察署などで証明書申込用紙を入手し必要事項を記入して、郵送して申請します。

証明書は手数料として630円かかり、手元に届くまで2週間ほどがかかるので注意しましょう。

タイトルとURLをコピーしました