ウィッグの大敵は真夏の風の強い日。蒸し暑さで頭が限界に!~40代の私のウィッグ若返り作戦が恥ずかしい体験に~

ウィッグ ビューティー

芸能人の方はなぜか20代で輝いていた人が50代でも輝きをますという現象があるように思います。

30・40代で20代とは確実に違いなんだか老けた印象を与えておいて50代で底力を発揮する感じでしょうか。

40代の私は、このまま見た目が老いていくことにあらがっている最中です。今やれる事は、まずは着痩せする服、高級美容液、お目々ぱっちりコンタクトです。

ところがコンタクトは、会う人会う人なんだか怪訝な顔をするので空気を読んでつけるのをやめました。

コンタクトの代わりに次に私が目をつけたのはウィッグです。

別に髪の毛が薄くなったわけではなく、白髪を染める回数が格段に上がってしまいこのままだと頭皮に負担がかかってしまうことと、40代からウィッグをつけていれば髪が薄くなってから急にウィッグで髪が増える違和感を感じさせないという理由から興味を持ちました。

スポンサーリンク

ウィッグは美容院で購入することに

ウィッグの値段はピンキリで高いものだと100万円以上しますが、そんなの買えるわけないので美容院で売っているものを買うことにしました。

デパートなどで試着などしてしまったら最後、しつこくされ結局買うはめになると噂で聞きました。

美容院なら仲の良い美容師のお姉さんを相手に何度も試着して迷ってを繰り返す事が出来ました。

ウィッグにも種類があり、安いものをつけると髪に段差ができムッシュかまやつさんみたいになってしまいます。

髪になじむのは少し高いし、友達になんかいつもと違うと思われるのも嫌だったので何カ月も迷ってしまいました。

迷いすぎるのは、美容師のお姉さんに失礼なので、なんかいつもと違うのは痩せたから?と思わせてウィッグをつける作戦が成功したらウィッグを買うと約束しました。

少し痩せてから髪になじむ6万円のウィッグを購入しました。100万円のものと比べ激安ウィッグですが、私には高かったので分割で購入しました。

同じ値段くらいでダイソンの掃除機を買うか迷いましたが、いつも家族の事ばかり考えているのでたまには自分のおしゃれの為にお金を使ってみました。

ウィッグで注意すること2つ

つけてみると4歳くらい若返る気がします。

しかし、1センチでもつける場所がずれると、たちまちコントのカツラみたいになるので細心の注意が必要です。

もう一つの大敵は風です。このウィッグは2点のピンだけで固定するので強風には対応されてません。風が強い日は、ウィッグの上に帽子をかぶらないとなりません。

まずは身内に見せて気がつくかチェックしました。母は全く気付きませんでした。しかし母は高齢者なのであてにはなりません。

ウィッグを買った事を知っている主人の前でかぶったらなんと気付きません。美容院に行ったから変わったのかなと思ったと言ってました。

しかし男性は鈍感なのであてにはならないのです。

いよいよウィッグデビュー。ところが!

やはり女友達がどう思うか心配です。高校時代から仲の良い友達にウィッグをつけてる事を言わずに会いました。

しかしその日は風が強い夏の日でした。蒸し暑くてウィッグと帽子で頭の中が煮えたぎりました。

元々貧血持ちの私には倒れそうなくらいの限界が来ました。

せっかくおしゃれをして銀座で夕方から飲む約束をしてたのに店に入るなりトイレに入りウィッグをとりました。鏡にうつる自分にビックリしました。

白髪がすごい上に髪がペチャンコで普段より髪の毛が薄い感じに見えます。蒸れたために頭も臭い気がします。

外でウィッグ初お披露目の日なのに大失敗です。

変わり果てた姿に友達も言葉を失っていましたが、しかし優しい友達は、かぶってる時は全然気が付かなかったよ、ビール飲んでクールダウンして帰る時に帽子だけかぶって帰れば大丈夫だよと言ってくれました。

なんだか身ぐるみをはがされたみたいに恥ずかしかったけど優しい友達の言葉に救われました。

全然気が付かなかったという友達の言葉を信じて、風と高温に注意してウィッグをつけてます。

すごく仲の良い友達にはカミングアウトをしてそんなに仲良くない友達には言わずにかぶって会っています。

言ってない友達は、会っている間やけに髪の毛を見るので気がついているのかも知れませんが私から言い出すまでは聞かないんだなあと思いました。

ウィッグって最近ではおしゃれでつけるイメージだと思ってましたが、周りに気をつかわすと言う事はまだまだカツラのイメージが強い事がわかりました。

埼玉県にお住まいの40代の主婦をされている女性の方からいただいた、ウィッグで若返りを図ろうとした1年前くらいのエピソードでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました