焼きいも焼酎紅はるか~ふるさと納税のふるさとチョイスの見返り品として購入してみた

紅はるか グルメ

今回書かせて頂くグルメは、焼きいも焼酎紅はるかです。

この商品は通販ではないのですが、ふるさと納税のふるさとチョイスの見返り品として購入したものです。鹿児島県の志布志市に一万円の寄付をして、芋焼酎の三本セットの内の一本としてこの商品はありました。私も鹿児島なのですが、正直この紅はるかという商品は知らなかったです。

まず、一番気になったのが、普通の芋焼酎ではなく、焼きいも焼酎?というところに惹かれました。焼きいもというと甘い香りと風味があり、私の持っている芋焼酎のイメージはとても芋臭くて飲めるものぢゃないと思っていました。その甘い焼きいもを焼酎でどう表現するのかと、どのような味がするのかと、非常に興味があり、購入をいたしました。

いざ家に届くと、パッケージは鹿児島名物桜島が煙りをあげているのをを思わせるラベルが凝っているなーっていうのが第一印象。期待は高まり、ハードルは上がる一方です。

さていよいよテイスティングの時です。蓋を開けると、「あれっ、私の知ってる臭い芋焼酎の香りぢゃない、甘ーぃ{スピードワゴンの井戸田みたいな}」とまず思いました。私は芋焼酎は飲まないのですが、これは生理的にいけると思い、ロックで飲むことを決意しました。商品そのものの味をリアルに感じたいからと思ったからです。

いざ、口に含んだ感想。単純に「美味い!」でした。焼酎素人の私が美味いと思ったのは自分でも意外でした。そう思えるくらい、口に含んだ瞬間、焼きいもの香りと風味が口の中に広がり、飲み終わったあともしばらくは焼きいもの余韻が残っており、本当に完成された商品だと思いました。案の定、一杯で終わらず、飲んだ日は寒い日だったので、次はお湯割で飲もうと思い、実行に移しました。

お湯を入れ、商品をつぎ、口に含むとこれまた「美味い!ロックで飲んだ時よりも、さらにトロッとして、まろやかでありこれの方がイケるな」と思いました。私ものイメージする芋焼酎の概念・先入観を180度変えてくれた商品となりました。

ざっくり調べたところ、この紅はるかという商品、製造元は「太久保酒造{オオクボ酒造と読むそうです}さん」で、紅はるかは鹿児島限定しか売ってないそうです。これがネット通販{ふるさと納税ですが}で購入できるのはラッキーというか、全国区に出れば、もっと売れるのだろうなと思いました。

さらに調べると、杜の妖精という同じ商品、これも焼きいも焼酎ということで{何が違うのか分かりません、原料かなー}、機会があれば飲んでみようと、というよりふるさと納税でも返礼品としてあらりました!!お金に余裕が出来れば購入して、またレビューを書く予定です。

本当に美味しい商品で、ふるさと納税ではなく、個人的に蔵元に問い合わせて買おうかと思います。

鹿児島県にお住まいの50代の男性の方からいただいた「紅はるか」という焼きいも焼酎の口コミでした。
タイトルとURLをコピーしました