郵便・ゆうメール・ゆうパック・レターパック・クリックポストなど各サービスを説明しています

郵便 ライフスタイル

2017年6月1日からの手紙・はがきの郵便料金について

2017年6月1日から、郵便料金の一部値上げが決定しています。今回、変更される点としては、はがきの郵便料金、定形外郵便の料金、ゆうメールの料金があげられます。これらは、私たちが身近に使う機会の多いものであるため、6月1日以降にはがきや手紙、定形外郵便などを利用したけれども、料金不足で送ることができなかったという事態にならないように、変更点についてしっかりと頭に入れておく必要があります。

はがきの郵便料金
まずははがきの郵便料金の変更についてです。すでに切手が印刷されているはがきは郵便局やコンビニなどで購入することができます。これまでは1枚52円で購入することができましたが、62円に値上がりとなります。

もしも2017年6月1日以降に、手元に52円のはがきが残っていたとしても、52円のはがきに10円切手を追加で貼ることで使用できます。切手が貼られていないはがきの場合には、これまでは52円の切手を貼っていましたが、2017年6月1日以降は62円分の切手を貼る必要があります。

年賀状
しかし年賀状に関しては改訂後も52円で送ることができます。年賀状が52円で送ることができるのは、12月15日から1月7日までなので、注意するようにしましょう。

定形外郵便
次に定形外郵便です。定形外郵便についてはレターパックのサイズよりも大きいものに関しては80円から150円の値上げとなっています。

ゆうメール
ゆうメールも、レターパックのサイズよりも大きいものは85円から100円の値上げとなっています。大きさやグラムによって新料金の改定は異なり、定形外郵便で送る方が得な場合やレターパックを使ったほうが得な場合があるので、うまく使い分けるようにしましょう。

スポンサーリンク

郵便料金表一覧

手紙・はがき(定形郵便物・定形外郵便物、ハガキなど)
こちらをご参照ください http://www.post.japanpost.jp/fee/simulator/kokunai/one_two.html

荷物(ゆうパック、ゆうメールなど)
こちらをご参照ください http://www.post.japanpost.jp/fee/simulator/kokunai/parcel.html

速達、書留、内容証明、配達証明などのオプションサービス
こちらをご参照ください http://www.post.japanpost.jp/fee/simulator/kokunai/option.html

レタックス・コンピュータ郵便など
こちらをご参照ください http://www.post.japanpost.jp/fee/simulator/kokunai/other.html

切手の交換などの手数料について
こちらをご参照ください http://www.post.japanpost.jp/fee/simulator/kokunai/charge.html

郵便追跡サービス(郵便物、荷物、国際郵便物)

郵便追跡とは、日本郵便のホームページ上で配達状況の確認ができるサービスです。書留などの郵便物には一通ごとに通し番号が割り当てられており、郵便局間の移動など、配達までのいくつかのタイミングで局員がバーコードをスキャンし、情報を登録することでその内容がホームページに反映されます。もとは郵便物の管理や紛失防止のためのシステムでしたが、情報を開示することで郵便追跡サービスとして運用するに至りました。

郵便物に記載されている11桁ないし12桁の番号を入力すると、その郵便物の差出日時や現在どの段階にあるか、配達予定日などがわかります。この番号は再配達の依頼をする際にも用いられます。

宅配便各社でも同様のサービスが提供され、より詳細に配達のタイミングを知らせることで不在となる率を下げ、初回の配達前に時間を指定して配達をしてもらうことができます。利用者と配達業者の両方にとってメリットがあるサービスと言えるでしょう。

郵便追跡サービスはこちらから https://trackings.post.japanpost.jp/services/srv/search/

ゆうメールとは。料金・送り方・梱包など

ゆうメールとは、日本郵便が行っている冊子や印刷物などをお届けしてくれるサービスです。利用料金は荷物の重さによって変わってきますので、送る重さが軽いほど安くお届けをしてもらうことが出来ます。一番安い料金では、150gまでの荷物であれば180円で送ることが出来ますので、とても安価に利用できるでしょう。

重さには制限があり、3kgまでの荷物しか送ることが出来ません。それ以上になる場合には、荷物を二つに分けて贈るようにしてもいいでしょう。

ゆうメールの送り方は、ポストに投函をしてもいいですし、郵便局に直接持ち込んでもいいですので、どちらでも利用しやすい方で利用することが出来、便利に利用することが出来ます。ポストであれば、時間を気にすることなく投函できますので、郵便局が開いていない時間でも投函可能です。

ゆうメールを利用するときに注意しておくことは、中に入れているものを確認できるようにしておかなくてはならない点です。方法としては、包装してある部分に無色で透明の窓をつけるようにするなど、中身が見えるようにしておきましょう。郵便局で出す場合には、中に入れているものの見本を提示するのでも大丈夫です。

荷物の大きさに関しては、縦、横、高さの長さが1、7m以内でなければなりませんのであまり大気くなり過ぎないようにして利用しましょう。オプションを利用することによって速達でも送れますので、急いでいる時にとても便利です。

ゆうパックとは。料金・集荷・再配達など

ゆうパックとは、日本郵便が提供している宅配サービスの名称です。通常のゆうパックの他、冷蔵が必要なものへのチルドゆうパック、旅行の強い味方、空港で受け取りが出来る空港ゆうパック、ホテルまで用具を届けてくれるゴルフ・スキーゆうパックなど様々なアレンジサービスがあり、また急ぐ場合は当日午前中までに預かった荷物を当日中に配送する、当日配達も可能です。

いずれのサービスも、荷物は30キログラム以内、長さ・幅・厚さの合計が1.7メートル以内で受け付けています。料金は大きさ重さによって異なりますが、日本郵便のサービスなので現金のほか、郵便切手でも支払うことができる点が特徴的です。

本人限定受け取りや着払い、代金引換などのオプションサービスも利用できます。発送の際にはコンビニエンスストアや郵便局、取り扱いの商店に持ち込んでも良いですし、荷物は一個からでも集荷に来てもらえるため、重たくて自分で運べない場合は集荷サービスを利用しましょう。

平日の夜までであれば原則として連絡から2時間以内に集荷に来てもらえます(多少前後することはあります)。ただし郵便局の窓口に自分で持ち込むと、一個当たり120円の持ち込み割引を受けられます。さらに複数の荷物を同じ場所に送る場合、一個あたり60円の割引が受けられ、持ち込み割引との併用も可能ですので、多くの荷物を送ったりするときはこの点に注意して賢くゆうパックを利用するようにしましょう。

レターパック

レターパックとは、日本郵便が取り扱っている、送料が決められている、とても使い易い郵便のものです。初めに郵便局で「レターパック」を購入し、書類、衣類、業務用サンプル、チケットやカタログなど、様々なものを入れ、発送できます。大きさは、 A4サイズ(340mm X248mm)、4kg以内であれば、厚みがあっても超過料金なく送ることが出来ます。

追跡サービスがあるので、郵便物の配送状況を確認できるので安心です。また郵便窓口の差し出し、ポスト投函ができます。不在時でもポストに投函されますので、大変便利です。料金は、一律510円となっています。

注意として、損害賠償はありません。損害賠償になるようなもの、(ガラスや陶磁器などの割れもの、 精密機械などのこわれもの、なまもの・いきもの、芸術作品等代替品の入手が困難なもの)などはご遠慮させて頂いております。また、現金・貴金属等の貴重品および、爆発物・毒劇物等の危険物等を入れて送付することはできません。海外あてとすることはできず、その他お取り扱いは内国郵便約款によります。

レターパックには、レターパックプラス、レターパックライト、があります。

レターパックプラスは、 A4サイズ(340mm X248mm)4kg以内、3㎝以内で、一律310円となり、郵便受けにお届けします。レターパックプラスは、集荷も行っています。また、対面でお届けし、受領印をいただくので安心です。航空券、その他チケット、各種証明書(印鑑証明書、戸籍謄本、住民票の写し、健康保険証、車検証、履歴書)などの送付に向いています。

レターパックの利用は http://www.post.japanpost.jp/service/letterpack/index.html

クリックポスト

クリックポストとは日本郵便の郵便サービスの一環で、全国一律164円で荷物が送れるというものです。クリックポストに該当するには大きさや重量に制限があります。具体的には長さ14から34センチ、幅9から25センチ、厚さ3センチ以内、重さ1キロ以内です。

また、このサービスを使うにはヤフーのIDとヤフーウォレットの利用登録が必要です。ヤフオクの出品者が落札された商品を発送する際に便利です。配達日数も2、3日で届き、追跡サービスもあるので使いやすいサービスになっています。

ただし、実際に使用するには自分でラベルを印刷しないといけないので、プリンターが必須です。プリンターのミスなどで印字がうまくいかなかった場合、所定の時間内に再印字しないとその後の印字はできなくなりますので、注意が必要です。安全なプリンター環境の中で作業をすることをおすすめします。

決済はネットで行うので、郵便局に行く必要もなく、ラベルを印刷してポストに投函すればよいことから地方の人にも喜ばれるサービスです。

クリックポストの利用は https://www.post.japanpost.jp/service/clickpost/

郵便再配達について説明します

郵便再配達とは、配達場所に受取人が不在だった場合にもう一度配達をしてもらうサービスです。そのような場合には郵便ポストなどに不在連絡票が届けられているので、申し込みをする際に必要になります。荷物には保管期限が設けられているので、その期限を超えてしまわないように注意しましょう。

再配達を頼む時にも、日時を指定することが可能なので便利です。受付は24時間行われていて自動音声に従って郵便番号・種類番号・追跡番号を入力し、希望時間帯をプッシュボタンで選択するだけなので、気軽に行うことができます。

また、PCやスマートフォンからもウェブサイトでQRコードを読み取るだけで申し込むことが可能です。その日のうちにもう一度届けてもらいたい場合は、当日の再配達の受付時間が不在連絡票に記載されているので、間に合うように申し込む必要があります。その時間を過ぎてしまうと、翌日以降になってしまうので当日配達希望の際は早めに確認しましょう。

定形外郵便について説明します

定型外郵便とは日本郵政の提供しているサービスのひとつで、紛失時の補償のないかわりに安い料金で発送することが出来ます。2017年6月1日より料金が改定され、料金制度が実質値上げ、複雑化されました。

料金は大きさの規格内であるか規格外であるかと、重量で決まります。大きさの規格内は、長辺34cm以内、短辺25cm以内、厚さ3cm以内および重量1kg以内です。規格外は、長辺60cm以内、長辺と短辺と厚さの合計が90cm以内および重量4kg以内です。別料金のオプションとして簡易書留や速達、特定記録、代金引換、指定日配達もあります。定形外郵便の活用法として、例えばフリマアプリがあります。大きすぎなく軽くて破損の心配のない、Tシャツなど安価な商品の送料を抑えたいときに便利です。

また、全国同一料金なので遠距離への荷物にも重宝します。逆に近距離への荷物で2kg以上のものは、宅配業者の最安料金で発送した方が安い場合もあるので注意が必要です。大きさ、距離、重量に注意して賢く定型外郵便を利用しましょう。

郵便に関する豆知識

ポストマップ

郵便ポストがどこにあるのかを知るのに便利です http://postmap.org/

郵便

郵便ポスト

郵便ポストは、主に書類や手紙をはがきや封筒を送る際に、収集するための箱です。駅や店先に配置され、コンビニの店舗によっては、レジの近くに設置されていることもあります。現在は、日本国内には赤いポストが多く、1つの郵便ポストで定形郵便と定形外郵便等を投函できるようになっていますが、年賀状を受け付けする時期には、臨時で年賀状と一般郵便とに分けて出せるようになります。

大都市圏では、青い速達専用の郵便ポストが配置されていることもありますが、数は減少傾向です。特別な場所の場合は、景観に合わせて、モニュメントのように凝った形になっていたり、色をグレー等の建物に合わせた洒落たデザインになっている物もあります。

集荷できる時間は決まっているので、急ぐ場合には、郵便ポストに投函せずに直接郵便局の窓口に持って行くといいでしょう。最寄りの場所の郵便ポストを探す場合、慣れない土地では難しいことがあります。インターネットに接続出来る環境であれば、ポストマップというサイトで地名で検索するといいでしょう。全国の有志の方が、地図を利用して近くのポストの場所を知らせ、分かりやすいように詳細な情報を書き込んでいます。

郵便切手

郵便切手は、1円から販売されています。1円は前島密の写真で有名です。現在は、ハガキの代金が62円に値上げされました。新しい62円切手はソメイヨシノがプリントされています。

郵便切手で一番よく使うのは、手紙を出すときに使う82円の普通切手です。定形郵便で25グラム以内の郵便物に適用されます。定形郵便で50グラム以内の場合は、92円が送料になります。安い送料で、離れて暮らす友人や親戚などに、手紙を送ることができるので便利です。遠方でも、一日で手紙が到着することが多いです。

ハガキが52円から62円に値上げしたので、手持ちのハガキが古い場合、不足分の郵便切手を購入して、貼ってから出すことが大事です。50円のハガキを複数持っている方は、10円切手や2円切手が重要になります。コンビニエンスストアなどでは、細かい金額の郵便切手が売られていないことがあるので、郵便局にて、普段からいろいろな金額の郵便切手を買いそろえておくことをおすすめします。

郵便局ATM

普段、銀行やコンビニのATMを利用する方は少なくないと思いますが、ATMは郵便局にもあり、非常に便利であることを御存知でしょうか。ゆうちょATMでは貯金の預け入れや払い戻し、払い込みなど他のATMとほぼ同じサービスに加え、都市銀行から地方銀行、信託銀行、ネット銀行まで1400社以上の提携金融機関のカードを利用することができます。

何より、郵便局のゆうちょATMを利用する際、ゆうちょのキャッシュカードや通帳を利用するのであれば大半のサービスにおいて曜日や時間帯を問わず利用時に手数料がかからないのは大きな魅力でしょう。また、提携金融機関の利用でも手数料は掛かるものの他社が定めている手数料額とほぼ同額です。全国の郵便局に設置されており、お金が必要な時は気軽に利用することができます。

ただし、引き出し額は特定の申し出を行わない限り1日当たりの上限は50万円に、引き出し回数も制限されています。普段の利用方法によっては設定を変更する必要があります。

郵便局営業時間について

郵便局の営業時間は全国一律ではないので、地域によっては少々異なるかもしれません。

最初に小さめの郵便局の場合を見てみましょう。郵便窓口は平日の9時?17時で、土日祝日は休みです。貯金窓口は平日9時?16時で土日祝日は休みです。小さめの郵便局ではこの時間がほとんどです。

では大きめの郵便局の場合はどうでしょうか。郵便窓口は平日の17時以降も営業しており、ほぼ24時間営業しているところが多くあります。貯金窓口は先ほどと同様、土日祝日は休みです。しかし、荷物や手紙を出す、郵便業務では土日も営業しているところもあります。また、平日であれば、貯金窓口を18時まで開けている地域もあります。

ATMの場合はほとんどの局が土日祝日も営業しているでしょう。ATMの場合でも営業時間は地域ごとに差があり、午前8時から始まるところや15時で終わってしまうところもあるので注意してください。以上より、平日の9時?16時には営業していることがわかるので、この時間に行くのがベストかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました